◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2021年01月26日

【SOULCALIBER VI】キャラクリで作成したキャラたち

◎オリジナルキャラクター「アリサ」
◇新フル装備仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_22-42-35.png
スクリーンショット_2021-01-23_22-42-57.png
スクリーンショット_2021-01-23_22-42-46.png
スクリーンショット_2021-01-23_22-43-09.png

◇メイド仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_16-16-34.png
スクリーンショット_2021-01-23_16-16-43.png

◇裸エプロン仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_16-17-37.png
スクリーンショット_2021-01-23_16-17-52.png

◇スパイダーアーマー仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_16-11-07.png
スクリーンショット_2021-01-23_16-11-17.png

◇スチームパンク仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_14-08-35.png
スクリーンショット_2021-01-23_14-09-04.png
スクリーンショット_2021-01-23_14-08-56.png

◇戦国武将仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_16-28-08.png
スクリーンショット_2021-01-23_16-28-19.png

◇コマンダー仕様アリサ
スクリーンショット_2021-01-23_16-49-50.png
スクリーンショット_2021-01-23_16-50-02.png
スクリーンショット_2021-01-23_16-50-11.png

◎デフォルトキャラクターカスタマイズ
◇騎士仕様ソフィーティア
スクリーンショット_2021-01-23_17-47-04.png
スクリーンショット_2021-01-23_17-47-23.png
スクリーンショット_2021-01-23_17-47-15.png

◇騎士仕様カサンドラ
スクリーンショット_2021-01-23_17-18-38.png
スクリーンショット_2021-01-23_17-18-46.png
スクリーンショット_2021-01-23_17-18-54.png

◇戦国武将仕様カサンドラ
alisa002_sc6.jpg

◇アサシン仕様カサンドラ
cap_【SOULCALIBUR VI】アサシン仕様カサンドラ_00:00:27_01.jpg
cap_【SOULCALIBUR VI】アサシン仕様カサンドラ_00:05:09_03.jpg
cap_【SOULCALIBUR VI】アサシン仕様カサンドラ_00:02:45_01.jpg
cap_【SOULCALIBUR VI】アサシン仕様カサンドラ_00:04:54_02.jpg
cap_【SOULCALIBUR VI】アサシン仕様カサンドラR18_00:02:51_05.jpg

◇大海賊仕様アイヴィー
スクリーンショット_2021-01-23_22-47-22.png
スクリーンショット_2021-01-23_22-47-42.png
スクリーンショット_2021-01-23_22-47-51.png
スクリーンショット_2021-01-23_22-47-30.png

◇大悪魔
スクリーンショット_2021-01-26_02-18-55.png
スクリーンショット_2021-01-26_02-36-54.png
スクリーンショット_2021-01-26_02-19-06.png
スクリーンショット_2021-01-26_02-18-33.png
posted by takatan at 02:48| 大阪 ☔| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

Noir Linux Kernel 5.11-rc5 released [64bit Custom Linux kernel for Ubuntu/Debian]

The Noir Linux Kernel is 64bit Custom Linux kernel for Ubuntu/Debian,and also this kernel has some useful patches applied.
It has improved response and performance compared to the regular Ubuntu official kernel.It is especially effective for games and desktop applications.
The default CPU scheduler for the Noir linux kernel is "CFS",and the default I/O scheduler is "MQ-deadline".

Noir linux kernelはUbuntu/Debianに対応したカスタムカーネルです。
複数のパッチを適用しています。通常のUbuntu公式カーネルよりレスポンス性能とパフォーマンスを高めています。特にゲームやデスクトップ用途で高い効果を発揮します。
マルチキューI/Oスケジューラーは、i10・MQ-deadline・Kyber・BFQ-MQをカーネルパラメーターで選択可能になっています。
Noir linux kernelのデフォルトのCPUスケジューラーはCFS、デフォルトのI/OスケジューラーはMQ-deadlineです。

[Download Noir Linux Kernel(binary,source code,patch)]
Download Noir Linux kernel (binary,source code,patch)

[Noir Linux Kernel patchset for vanilla kernel]
https://github.com/takabrk/viper/blob/main/build_noir_kernel/511/patches/noir.patch

[Change point]
- linux 5.11-rc5 based

[based kernel source]
- linux kernel 5.11-rc5( https://git.kernel.org/torvalds/t/linux-5.11-rc5.tar.gz )

[Optimized kernel configuration]

- CPU shceduler -> CFS
- Default I/O scheduler -> MQ-deadline
- Processer family -> Generic X86_64
- Kernel Compression mode -> zstd
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(lowlatency desktop)
- CPU Timer frequency -> 750Hz
- RCU boost delay -> 339
- Compiler optimization level -> Optimize for more performance(-O3)
- Timer tick handling -> Full dynticks system
- Enable utillization clamping for RT/FAIR tasks
- Default CPUFreq Governor -> performance
- HD-audio pre-allocated buffer size 4096
- BBR TCP Congestion Control
- Built on the GCC 10.2.0
- CPU idle governor -> TEO
- PCIe ACS Override support
- ZSTD kernel and initram support
- TSX -> auto
- i10 I/O schedulor support
- futex for Proton/Wine
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation
- Clear Linux support
- rt_runtime 95000 -> 98000
- rq_affinity 2
- UKSM support


[Applied patches]

- CK1 patch( http://ck-hack.blogspot.com/ )
- i10( https://github.com/i10-kernel/upstream-linux | https://lore.kernel.org/lkml/20201112140752.1554-1-rach4x0r@gmail.com/ )
 Add_i10_IO_Scheduler.patch
- add-acs-overrides.patch( https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/tree/add-acs-overrides.patch?h=linux-vfio )
- patches( https://github.com/sirlucjan/kernel-patches/tree/master/5.101)
 0001-UKSM-for-5.11.patch
 0001-clearlinux-patches.patch
 0001-LL-kconfig-add-750Hz-timer-interrupt-kernel-config-o.patch
 0003-sched-core-nr_migrate-256-increases-number-of-tasks-.patch
 0004-mm-set-8-megabytes-for-address_space-level-file-read.patch
 0003-block-set-rq_affinity-2-for-full-multithreading-I-O.patch
 other/0001-v4l2loopback-5.10-initial-merge.patch
- graysky's GCC( https://github.com/graysky2/kernel_gcc_patch )
- GCC -O3 Optimized( https://github.com/zen-kernel/zen-kernel/commit/228e792a116fd4cce8856ea73f2958ec8a241c0c )
- seccomp: Implement syscall isolation based on memory areas( https://lore.kernel.org/lkml/50a9e680-6be1-ff50-5c82-1bf54c7484a9@gmail.com/T/#m9f74cfb8d6f5356a428e88b097ba3fda832179fa )


◇インストール方法
dpkgコマンドを使ってインストール可能です。また、同梱しているインストールスクリプトを端末で実行する事でもインストールする事が出来ます。


$ ./install.sh


◇ダウンロード方法
OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいファイルの上で右クリックするとメニューが表れます。
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png

◇I/Oスケジューラー確認方法
現在使っているI/Oスケジューラーの確認方法は、端末で以下のコマンドを実行する事で出来ます。

$ cat /sys/block/sd*/queue/scheduler

I/Oスケジューラーを変更するには、以下のコマンドを実行します。

# echo 変更したいスケジューラー > /sys/block/sda/queue/scheduler

設定を永続化するには、起動時に「elevator=変更したいスケジューラー」を付けます。

◇マルチキュー設定方法
マルチキューを使えるようにするには、カーネルパラメータに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加してシステムを起動します。また、設定を永続化したい場合には、/etc/sysctl.d/90-override.confに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加して再起動する必要があります。

また、SSDやHDDの種類によって自動的にI/Oスケジューラーを変更する設定の永続化を行うには、以下のようなファイルを作成します。
https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%8C%96#.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.83.8D.E3.83.AB.E3.83.91.E3.83.A9.E3.83.A1.E3.83.BC.E3.82.BF.E3.81.AE.E8.AA.BF.E6.95.B4

◇/etc/udev/rules.d/60-ioschedulers.rules
# set scheduler for non-rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]|mmcblk[0-9]*", ATTR{queue/rotational}=="0", ATTR{queue/scheduler}="mq-deadline"
# set scheduler for rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]", ATTR{queue/rotational}=="1", ATTR{queue/scheduler}="bfq"



[Full tickless]
1.Edited /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="nohz_full=1"


2.Make grub config
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

3.reboot system

posted by takatan at 14:11| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

オリジナルOS「Valkyrie Linux 21v2」の開発進捗状況(2021年1月24日)

オリジナルOSの最新バージョン「Valkyrie Linux 21v2」の開発進捗状況は以下の通りです。

・Ubuntu 18.04.5 LTSベース
・カスタムカーネル「Noir linux kernel 5.10.10」に更新
・オリジナルアプリ「Viper Tools」の最新版に更新
・収録しているアプリケーションの最新アップデータ適用
・linux firmware 1.194に更新
・Wine 6.0.0に更新
・Mesa driver 20.3.3に更新


更新・変更する箇所は、これ以外にも増える可能性があります。
「Valkyrie Linux 21v2」は、2021年2月上旬ぐらいに公開予定です。


現バージョンであるValkyrie Linux 21v1は、以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/451561416.html
posted by takatan at 12:45| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Noir Linux Kernel 5.10.10 released [64bit Custom Linux kernel for Ubuntu/Debian]

The Noir Linux Kernel is 64bit Custom Linux kernel for Ubuntu/Debian,and also this kernel has some useful patches applied.
It has improved response and performance compared to the regular Ubuntu official kernel.It is especially effective for games and desktop applications.
The default CPU scheduler for the Noir linux kernel is "MuQSS",and the default I/O scheduler is "Kyber".

Noir Linux kernelはUbuntu/Debianに対応したカスタムカーネルです。
複数のパッチを適用しています。通常のUbuntu公式カーネルよりレスポンス性能とパフォーマンスを高めています。デスクトップ用途・サーバ用途・ゲーミング用途で高い効果を発揮します。
マルチキューI/Oスケジューラーは、MQ-deadline・Kyber・BFQ-MQ・i10をカーネルパラメーターで選択可能になっています。
Noir linux kernelのデフォルトのCPUスケジューラーはMuQSS、デフォルトのI/OスケジューラーはKyberです。

[Download Noir Linux Kernel(binary,source code,patch)]
Download Noir linux kernel (binary,source code,patch)

[Noir Linux Kernel patchset for vanilla kernel]
https://github.com/takabrk/viper/blob/main/build_noir_kernel/510/patches/noir.patch

[Change point]
- Updated to linux 5.10.10

[based kernel source]
- linux kernel 5.10( https://cdn.kernel.org/pub/linux/kernel/v5.x )

[Optimized kernel configuration]

- CPU shceduler -> PDS
- Default I/O scheduler -> Kyber
- Processer family -> Generic X86_64
- Kernel Compression mode -> zstd
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(lowlatency desktop)
- CPU Timer frequency -> 750Hz
- RCU boost delay -> 339
- Compiler optimization level -> Optimize for more performance(-O3)
- Timer tick handling -> Full dynticks system
- Enable utillization clamping for RT/FAIR tasks
- UKSM support
- Default CPUFreq Governor -> performance
- HD-audio pre-allocated buffer size 4096
- BBR2 TCP Congestion Control
- Built on the GCC 10.2.0
- CPU idle governor -> TEO
- PCIe ACS Override support
- futex for Wine/Proton support
- ZSTD kernel and initram support
- TSX -> auto
- Aufs support
- Zen Interactive Tuning support
Mem dirty before bg writeback 10% -> 20%
Mem dirty before sync writeback 20% -> 50%
Background-reclaim hugepages no -> yes
[CFS CPU Scheduler]
Scheduling latency 6 -> 4ms
Minimal granularity 0.75 -> 0.4ms
Wakeup granularity 1 -> 0.5ms
CPU migration cost 0.5 -> 0.25ms
Bandwidth slice size 5 -> 3ms
Task rebalancing threshold 32 -> 256
Ondemand sampling down factor 1 -> 5
[MuQSS CPU Scheduler]
Scheduling interval 6-> 4 ms
ISO task max realtime use 70 % -> 25 %
Yield type 1 -> 0

- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation
- Clear Linux support
- rt_runtime 95000 -> 98000
- rq_affinity 2
-Aufs support


[Applied patches]

- linux 5.10.10 patch( https://www.kernel.org/ )
- i10( https://github.com/i10-kernel/upstream-linux | https://lore.kernel.org/lkml/20201112140752.1554-1-rach4x0r@gmail.com/ )
- CK1 patch( http://ck-hack.blogspot.com/ )
- graysky's GCC( https://github.com/graysky2/kernel_gcc_patch )
- GCC -O3 Optimized( https://github.com/zen-kernel/zen-kernel/commit/228e792a116fd4cce8856ea73f2958ec8a241c0c )
- ZSTD( https://lore.kernel.org/lkml/20201203205114.1395668-1-nickrterrell@gmail.com/ )
- add-acs-overrides.patch( https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/tree/add-acs-overrides.patch?h=linux-vfio )
- Zen Patches( https://github.com/torvalds/linux/compare/master...zen-kernel:5.10/zen-sauce )
- futex-multiple-wait from Zen kernel( https://github.com/torvalds/linux/compare/master...zen-kernel:5.10/futex-multiple-wait-v3 )
- Introduce per-task latency_nice for scheduler hints( https://lkml.org/lkml/2020/2/28/166 | https://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=IBM-Latency-Sensitive-Idle )
- patches( https://github.com/sirlucjan/kernel-patches/tree/master/5.10 )
 0001-UKSM-for-5.10.patch
 0001-clearlinux-patches.patch
 0001-LL-kconfig-add-750Hz-timer-interrupt-kernel-config-o.patch
 0003-sched-core-nr_migrate-256-increases-number-of-tasks-.patch
 0004-mm-set-8-megabytes-for-address_space-level-file-read.patch
 0001-cpu-5.10-merge-graysky-s-patchset.patch
 0002-init-Kconfig-enable-O3-for-all-arches.patch
 0003-block-set-rq_affinity-2-for-full-multithreading-I-O.patch
 0001-rapl-patches.patch
 other/0001-v4l2loopback-5.10-initial-merge.patch
- seccomp: Implement syscall isolation based on memory areas( https://lore.kernel.org/lkml/50a9e680-6be1-ff50-5c82-1bf54c7484a9@gmail.com/T/#m9f74cfb8d6f5356a428e88b097ba3fda832179fa )
- Aufs patch( http://aufs.sourceforge.net/ | https://sourceforge.net/projects/lxpup/files/Other/huge-kernels/kernel-5.10-aufs-changes/)
- Introduce AVX512 optimized crypto algorithms( https://lkml.org/lkml/2020/12/18/626 )
- Reiser4( https://sourceforge.net/projects/reiser4/files/reiser4-for-linux-5.x/ )
- NTFS read-write driver GPL implementation by Paragon Software ( https://lore.kernel.org/lkml/20201225135119.3666763-1-almaz.alexandrovich@paragon-software.com/ )
- le9( https://github.com/hakavlad/le9-patch )
- Enable fp16 display support for DCE8+( https://lists.freedesktop.org/archives/dri-devel/2020-December/292660.html )
- BBR2( https://github.com/torvalds/linux/compare/master...zen-kernel:5.10/bbr2 )
- Project C 5.10-r2 patch( https://gitlab.com/alfredchen/linux-prjc/-/releases | http://cchalpha.blogspot.com/ )


[dropped patches]

- MuQSS( http://ck-hack.blogspot.com/ )
- muqss_Fix_build_error_on_config_leak.patch( https://github.com/zen-kernel/zen-kernel/commit/6aefea555ae66883483540d43c2024acecf61599 )
- PREEMPT_RT patch( https://mirrors.edge.kernel.org/pub/linux/kernel/projects/rt/ )
- Improve preemptive ENOSPC flushing( https://lore.kernel.org/linux-btrfs/cover.1602249928.git.josef@toxicpanda.com/ )


◇インストール方法
dpkgコマンドを使ってインストール可能です。また、同梱しているインストールスクリプトを端末で実行する事でもインストールする事が出来ます。


$ ./install.sh


◇ダウンロード方法
OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいファイルの上で右クリックするとメニューが表れます。
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png

◇I/Oスケジューラー確認方法
現在使っているI/Oスケジューラーの確認方法は、端末で以下のコマンドを実行する事で出来ます。

$ cat /sys/block/sd*/queue/scheduler

I/Oスケジューラーを変更するには、以下のコマンドを実行します。

# echo 変更したいスケジューラー > /sys/block/sda/queue/scheduler

設定を永続化するには、起動時に「elevator=変更したいスケジューラー」を付けます。

◇マルチキュー設定方法
マルチキューを使えるようにするには、カーネルパラメータに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加してシステムを起動します。また、設定を永続化したい場合には、/etc/sysctl.d/90-override.confに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加して再起動する必要があります。

また、SSDやHDDの種類によって自動的にI/Oスケジューラーを変更する設定の永続化を行うには、以下のようなファイルを作成します。
https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%8C%96#.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.83.8D.E3.83.AB.E3.83.91.E3.83.A9.E3.83.A1.E3.83.BC.E3.82.BF.E3.81.AE.E8.AA.BF.E6.95.B4

◇/etc/udev/rules.d/60-ioschedulers.rules
# set scheduler for non-rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]|mmcblk[0-9]*", ATTR{queue/rotational}=="0", ATTR{queue/scheduler}="mq-deadline"
# set scheduler for rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]", ATTR{queue/rotational}=="1", ATTR{queue/scheduler}="bfq"



[fsync for Proton]
If the game doesn't start on Steam, set the following command as a start option.

PROTON_NO_ESYNC=1 PROTON_NO_FSYNC=1 %command%


[Full tickless]

1.Edited /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="nohz_full=1"
2.Make grub config
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
3.reboot system


[AVX-512 optimized crypto algorythms]

1.Edited /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="use_avx512=1"
2.Make grub config
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
3.reboot system


posted by takatan at 03:47| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

PC版SOULCALIBUR VI用Nude Modを使うには

PC版SOULCALIBUR VIでは、Nude Patchが海外サイトで公開されているので、Nude Modを使う事が出来ます。デフォルトキャラ以外にもオリジナルキャラにも適用でき、裸の状態のままにしなくても、Breakable仕様のキャラに仕上げたり、ブラの紐などを見せたくないといった時に役立ちます。


1.Nexus Modsに会員登録します。適当なフリーメールアドレスとパスワードを設定するだけで無料でアカウントを取得出来ます。
2.Nexus MOdsにログインしたら、以下のページにアクセスして、ファイルをダウンロードします。
「SCVI Female Nude Mod v1.3」がメインファイルとなります。他のファイルは、アンダーヘアを追加したり、DLC向けのテクスチャーなどが入っているので適宜ダウンロードします。
https://www.nexusmods.com/soulcaliburvi/mods/2?tab=files
3.ダウンロードしたファイルを解凍して、SOULCALIBUR VIがインストールされているフォルダ「steamapps/common/SoulcaliburVI/SoulcaliburVI/Content/Paks」にパッチを置きます。パッチは、「〜.pak」を「〜.pak_」などと拡張子をリネームする事で機能やテクスチャーをオフに出来ます。


cap_【SOULCALIBUR VI】フル装備仕様アリサ010.jpg

cap_【SOULCALIBUR VI】アサシン仕様カサンドラR18_00:02:20_01.jpg
posted by takatan at 17:20| 大阪 🌁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザード ヴィレッジの発売日が決まったそうです

◇『バイオハザード ヴィレッジ』3rd Trailer


◇「バイオハザード ヴィレッジ」の発売日が2021年5月8日に決定。PS4とXbox One版の発売も
https://www.4gamer.net/games/512/G051226/20210122001/

バイオハザードシリーズの最新作「バイオハザード ヴィレッジ」の発売日が2021年5月8日に決まったそうです。最新トレーラー映像も公開されているので、ヴィレッジの雰囲気を感じられるでしょう。
プラットフォームは、PS5やXbox Series XやPCだけでなく、PS4やXbox Oneでも発売される事になりました。
posted by takatan at 13:32| 大阪 ☔| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

64bit Linux distribution "Valkyrie Linux 21v1" released

◇ISO Download
- Download Valkyrie Linux

インストール方法は、この記事の下部で説明しています。

◇概要
Valkyrie Linuxは、Linuxディストリビューションである「Ubuntu LTS版」をベースに開発した64bit OSです。デスクトップ環境はLXQtを導入しています。

このOSは、最新のLinuxカーネルをベースにしたカスタムカーネルを搭載しています。カスタムカーネルは、グラフィックドライバ「Mesa 20」と組み合わせる事で、高レスポンス性とハイパフォーマンスを実現しています。
Valkyrie Linuxは、「Linux・Windowsのアプリケーションの実行環境の提供」、「ソフトウェア開発・Web開発環境の提供」、「マルチメディアコンテンツ作成環境の提供」、「ゲーミング環境の構築」を実施しています。

「Chromium Browser」「Firefox」「GIMP」「Audacious」「SMPlayer」「Emacs」「OBS Studio」「Shotcut」「Steam」などの人気アプリケーションを搭載しており、デスクトップコンピューティングで行う作業をほぼカバーしてます。SSB(Specific site Browser)によって、強力なオンラインサービスをデスクトップアプリケーションのように使う事が可能です。

◇ Overview
Valkyrie Linux is a 64bit OS which was developed based on the "Ubuntu LTS", which is a Linux distribution.
The desktop environment of this OS is LXQt.

This OS is equipped with a custom kernel based on the lateset Linux kernel.The custom kernel realize high response and high performance by combining it with the graphic driver "Mesa 20".
Valkyrie Linux is carried out "providing execution environment for Linux/Windows applications", "providing software development and web development environment", "providing multimedia contents creation environment , "building a gaming environment".

It is equipped with popular application such as "Chromium Browser","Firefox","GIMP","Audacious","SMPlayer","Emacs","OBS Studio","Shotcut","Steam",etc.This os almost covers work to perform by desktop computing. By SSB(Specific site Browser), it can use the strong online service like desktop application.
Valkyrie Linux can perform automatic sentence construction and reading aloud with the artificial intelligence from a change of the system startup sound, addition of new application in original application "Viper Tools".

[Change Point]
- Applied update of the Linux application until January 13,2021
- Updated to Custom kernel "Noir linux kernel 5.10.6"
- Updated to the latest original application "Viper Tools"
- Updated to Intel iHD Driver 21.1.0
- Changed the setting of Pulse Audio
- Fixed the settings of VA-API

[Recommended system requirements]
Processor : Intel Core i9/i7/i5/i3,Pentium G/Celeron G,SoC after Atom Z3000
AMD Ryzen,FX processor,A10/A8/A6 APU
Memory: 1GB and over
Storage: 128GB and over HDD/SSD/USB memory
Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.

[Tested Motherboard]
B150M COMBO(ASRock)
H97I-PLUS (ASUS)
C1007UN-D (GIGABYTE)

[Tested Stick PC(stable with wireless LAN toggle)]
STCK1A32WFC(Intel)

スクリーンショット_2020-11-20_03-16-07.png

[OS SPEC]
- Ubuntu 18.04.5 LTS based
- Custom kernel "Noir linux kernel 5.10.6" / Ubuntu kernel 5.8.0 lowlatency
- original application "Viper Tools"
- linux firmware 1.190.3
- Mesa 20.3
- LXQt
- Tint2
- Openbox
- gmrun,dunst
- xfce4-terminal,xfce4-taskmanager,xfce4-screenshooter
- Intel iHD Driver 21.1.0
[Applications]
- Chromium Browser 86,Firefox 84
- emacs-nox 27.1,leafpad,glade
- pulseaudio,jackd2
- GIMP 2.10.22
- GCC 10.2.0,Python 3.6.9/3.9.0/2.7.18,node.js,libllvm11/10,PHP 8.0,node.js
- Wine 5.0.3
- OBS Studio,Shotcut,Audacious,Audacity,soundconverter,Blender 2.9,mpv 0.33,ffmpeg 4.3.1,SMPlyer 20.6.0
- Steam,PCSX2,PPSSPP,mednafen,kega fusion,redream
- gnumeric,abiword
- keepassxc
- unetbootin,gparted,boot-repair,gnome disks
- git 2.30
- X11VNC,remmina
- Takao font,font noto-emoji,font noto cjk,font noto cjk extra,Cica
- Suru++
- apache2.4.29
- OpenJtalk
- Arronax

◇Others
- Valkyrie Linux Documentation
- Custom Kernel download
- Viper Tools Download

[Window Close Shortcut]

Shift+Windows key+C

[Change Window Shortcut]

prev - Windwos key+j
next - Windows key+k

[Volume Shortcut]

volume up - Windows key+u
volume down - Windows key+i






インストール方法
1.ISOをダウンロード(OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいファイルの上で右クリックするとメニューが表れます。)
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
2.UNetbootinでUSBメモリーにインストールディスク(Live USB)を作成。
https://unetbootin.github.io/
Screenshot from 2019-08-25 11-55-19.png
3.Live USBをパソコンのUSBポートに挿入して、UEFIからLive USBで起動出来るように、USBメモリーから起動出来るようにする。(メーカーロゴが出ている時にF11キーなどを押す。)
4.Live USBでシステムを起動。
5.マシンをインターネットに接続します。デスクトップに「Ubuntu 18.04のインストール」というアイコンがあるので、これをクリックするとインストーラーが起動するので、インストールします。もし、ブートローダー「Grub2」のインストールが失敗した場合は、右クリックメニューからboot-repairを使ってインストールする事が出来ます。
スクリーンショット_2020-12-19_15-08-53.png

◇boot-repair使用例
「高度なオプション」→「GRUBのオプション」→「SecureBoot」のチェックを外して、適用ボタンを押す。
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-47.png

GRUBをインストールしたら、システムの再起動(修復に失敗したという内容のエラーが出ていてもGrub2はインストールされているので問題無く起動出来ます。)。
スクリーンショット_2020-06-21_11-53-23.png

homeディレクトリを別にした状態で、再インストールをしている時は、/etc/skelの下にあるファイルやフォルダを全てユーザーディレクトリにコピーしなければ反映されません。

◇セキュアブートの無効化
1.パソコンを起動させた時にメーカーのロゴが表示されるので、この時にF2キーかDeleteキーを押す。
IMG_20190418_144306.jpg
2.UEFIに入るので、詳細モードに変更する。(使っているマザーボードによって異なります。)
IMG_20190418_144457.jpg
3.セキュリティ関連の項目にセキュアブートの設定項目があるので、これを選びます。
IMG_20190418_144512.jpg
4.保存して再起動させると、セキュアブートが無効化されてシステムを起動する事が出来ます。

◇新しいバージョンのカーネルをインストール出来ない場合の対処法
live-boot-toolsやinitramfs-tools関連のツールを一旦削除して、これらを再インストールする。

◇iHDドライバを最新にする
~/viper/scriptsの直下に「build_media_driver.sh」というシェルスクリプトを設置しています。これを実行すれば、新しいiHDドライバをインストールする事が出来ます。VA-APIがうまく動作しない場合はiHDドライバを更新してください。

$ cd ~/viper/scripts
$ ./build_media_driver.sh


posted by takatan at 15:26| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする