◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物などの話題を取り上げるブログ
White Fox - ドラマ・副業・公営ギャンブルに関する情報を提供するブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年07月24日

PVL Kernel 5.7.10-muqss released [64bit Custom Linux kernel for Ubuntu(with with MuQSS,UKSM,Aufs,Wine/Proton fsync,PCIe ACS Override,Clear Linux,LL,FSGSBASE)]

[PVL Kernel 5.7.10-muqss binary and source code download]
PVL kernel muqss binary and source code Download

The PVL Kernel is for Ubuntu 18.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,MuQSS,graysky’s GCC patch to Linux Kernel.

PVL kernelはオリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux」向けに作成したカスタムカーネルです。Ubuntu 18.04 LTSに対応しています。CPUスケジューラー「MuQSS」を導入し、パッチはAufs・graysky’s GCC・Wine/Proton fsync・PCIe ACS Override・Clear Linuxなどを適用しています。レスポンス性能を高めており、他のバージョンのカスタムカーネルよりもゲーム性能などが高まっているのが特徴です。
マルチキューI/Oスケジューラーは、MQ-deadline・Kyber・BFQ-MQをカーネルパラメーターで選択可能になっています。

マルチキューを使えるようにするには、カーネルパラメータに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加してシステムを起動します。また、設定を永続化したい場合には、/etc/sysctl.d/90-override.confに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加して再起動する必要があります。

また、SSDやHDDの種類によって自動的にI/Oスケジューラーを変更する設定の永続化を行うには、以下のようなファイルを作成します。
https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%8C%96#.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.83.8D.E3.83.AB.E3.83.91.E3.83.A9.E3.83.A1.E3.83.BC.E3.82.BF.E3.81.AE.E8.AA.BF.E6.95.B4

◇/etc/udev/rules.d/60-ioschedulers.rules
# set scheduler for non-rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]|mmcblk[0-9]*", ATTR{queue/rotational}=="0", ATTR{queue/scheduler}="mq-deadline"
# set scheduler for rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]", ATTR{queue/rotational}=="1", ATTR{queue/scheduler}="bfq"


[Kernel Spec]
based kernel source:
- linux kernel 5.7(https://cdn.kernel.org/pub/linux/kernel/v5.x)

Applied patches:
- linux 5.7.10 patch(https://www.kernel.org/)
- MuQSS 0.202 patch(http://ck-hack.blogspot.com/)
- Aufs patch(http://aufs.sourceforge.net/)
- UKSM patch(https://github.com/dolohow/uksm)
- zstd-v5(https://github.com/terrelln/linux/commits/zstd-v5)
- Introduce per-task latency_nice for scheduler hints(https://lkml.org/lkml/2020/2/28/166)
- blk-mq: per-ctx tag caching(https://patchwork.kernel.org/cover/11321155/)
- futex: Split key setup from key queue locking and read(https://lkml.org/lkml/2019/7/30/1398)
- add-acs-overrides.patch(https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/tree/add-acs-overrides.patch?h=linux-vfio)
- Clear Linux(https://github.com/clearlinux-pkgs/linux)
- cpufreq-intel_pstate-Set-default-cpufreq_driver-to-i
- LL patch(https://github.com/sirlucjan/kernel-patches)
- Performance-Helping FSGSBASE Patches(https://lkml.org/lkml/2020/5/28/1358)

Optimized kernel configuration:
- CPU shceduler "MuQSS"
- Default I/O scheduler -> Kyber
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation
- Processer family -> Generic x86_64
- Kernel Compression mode -> gzip
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
- CPU Timer frequency -> 100Hz
- RCU boost delay -> 500Hz
- Compiler optimization level -> Optimize for performance(-O2)
- MuQSS on
- Aufs on
- UKSM on
- Default CPUFreq Governor -> performance
- HD-audio pre-allocated buffer size 4096
- Delete most items of Kernel Hacking
- BBR TCP Congestion Control
- Built on the GCC 10.1.0
- CPU idle governor -> TEO

OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいファイルの上で右クリックするとメニューが表れます。
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
posted by takatan at 15:44| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする