◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物などの話題を取り上げるブログ
White Fox - ドラマ・副業・公営ギャンブルに関する情報を提供するブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年05月26日

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux 2020r7」の開発進捗状況(2020年5月26日)

オリジナルOSの最新バージョン「Phantom Valkyrie Linux 2020r7」の開発進捗状況は以下の通りです。

・Ubuntu 18.04.4 LTSベース
・カスタムカーネルを「PVL kernel 5.6.14-bmq56r4-r6」に変更
・収録しているアプリケーションの最新アップデータ適用
・オリジナルアプリケーション「Viper Tools」の更新
・Firefox・GIMP・Audacity・sqlitebrowserをバイナリ版からdeb版に変更
・ISOの中にあるfilesystem.suquashfsのzstd圧縮レベルを15に変更
・staging版Wine 5.9に更新
・linux firmware 1.173.18に更新
・Chromium Browser 81に更新
・LLVM10に更新
・Mesa 20に更新
・PCSX2 1.7.0に更新
・node.js 14.2に更新
・Linux版Steamクライアントアプリのインストーラー追加
・gcc 10.1.0・cpp 10.1.0・g++ 10.1.0に更新

更新・変更する箇所は、これ以外にも増える可能性があります。
「Phantom Valkyrie Linux 2020r7」は、2020年5月下旬から6月中旬ぐらいに公開予定です。

カスタムカーネルは、zen-sauce kernelから公式のlinuxカーネル5.6系をベースに、今まで適用していなかったパッチをかなり導入して、一新しています。レスポンス性・パフォーマンスの向上共に、今までのカスタムカーネルより良いと思います。新しいBMQ版カスタムカーネルは先行して公開しています。
http://www.vsrx.work/article/464617594.html

現在公開しているPhantom Valkyrie Linux 2020r6は以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/451561416.html
posted by takatan at 23:39| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする