◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物などの話題を取り上げるブログ
White Fox - ドラマ・副業・公営ギャンブルに関する情報を提供するブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年06月02日

ゲームではPCIe 4.0とPCIe 3.0の違いはほぼ無し

PCI Express 1.0 vs 2.0 vs 3.0 vs 4.0 | R5 3600 + RX 5700XT | 1080P, 1440P and 4K Benchmarks


第三世代Ryzen向けのマザーボードでは、一部モデルでPCI Express 4.0が使えるようになっています。理論的には、1レーン当り16Gbpsの伝送速度をとなっており、PCIe 3.0の2倍のデータ伝送速度を誇っています。しかし、ゲームによく使われるグラフィックボードにおいては、この効果はほぼ出ておらず、PCIe 3.0対応のマザーボードでも問題がありません。この規格を最大限に活かすには、対応SSDを使うしか無く、デスクトップ用途ではまず違いを感じる事は出来ないでしょう。
Sandy Bridgeがグラフィックボードを良い物にすれば、新作ゲームで遊べるのは、最新規格に対応したマザーボードを導入しても、ゲームにおけるフレームレートへの影響がかなり少ないからです。
posted by takatan at 01:32| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする