◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物などの話題を取り上げるブログ
White Fox - ドラマ・副業・公営ギャンブルに関する情報を提供するブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年06月07日

メインマシンの強化案 2020年

前からメインマシンを強化すると言っていて、今まで実行に移してこなかったけれども、メニーコア化するよりも複数のマシンを1つのPCケースにまとめてしまう方向で行きたいと思います。今までのメインマシン・セカンドマシンの状況は過去の記事の通りです。

◇メインマシン・セカンドマシンに関する記事
・ミニタワー回帰
http://www.vsrx.work/article/447582781.html
・メインマシンのプロセッサをPentium G4600に変更
http://www.vsrx.work/article/449948099.html
・RADEON RX460のグラフィックボードを購入
http://www.vsrx.work/article/448584092.html
・2006年発売のミニタワーを2019年仕様に大改造したいと思います
http://www.vsrx.work/article/464667028.html
・デスクトップパソコンの夏対策に排気用のケースファンを追加しました
http://www.vsrx.work/article/468218292.html
・第1世代Compute StickのUEFIをアップデートする方法
http://www.vsrx.work/article/446404475.html
・スティックPC(STCK1A32WFC)にオリジナルOS「VSRX-19.7」をインストール
http://www.vsrx.work/article/465230749.html
・古いマザーボードが2枚余っているので個性的な自作PCを作る事が出来るんじゃないかとちょっと思った
http://www.vsrx.work/article/461726986.html
・2019年、PC強化案を考えた
http://www.vsrx.work/article/468620435.html
・メインマシンをPCクラスター化しようと画策中
http://www.vsrx.work/article/469147910.html

今年こそはメインマシン強化を図る為、さらに案を練る事にしました。

以前考えていたのは、Pentium Gマシンを二つPCクラスター化・デュアルシステム化するというものです。

◇W Pentium Gマシン構想
マスター:Pentium G4600(2コア4スレッド)+DDR3 8GB+Radeon RX 460
スレーブ1:Pentium G3240(2コア2スレッド)+DDR3 8GB

オプション
スレーブ2:スティックPC(4コア4スレッド)
スレーブ3:Celeron G3900(2コア2スレッド)+DDR4 8GB
スレーブ4:Celeron 1007U(2コア2スレッド)+DDR3 8GB

◇用途
・Shotcutなどの動画エンコード、OBS Studioによるゲームプレイ画面などの録画 ー VAAPI経由のハードウェアエンコード(デコードとフィルタ処理をPentium G4600で行い、エンコードをRadeon RX 460で行う)
・カーネルなどのオープンソースウェアのビルド ー distccによる分散コンパイル(Pentium G4600とPentium G 3240で行う)
・Steam・Wine・ゲームエミュレーターの稼働、SMPlayerによる動画視聴、プログラミング、その他一般的な用途 ー Pentium G4600+Radeon RX 460


現在考えているのは、Ryzenの4コアマシンの追加とRaspberry Piの追加です。ノードが増えるとそれだけ電源が増えてしまうのが悩みどころですし、それをさらに省電力化する事も行いたいと考えています。Ryzenマシンに関しては、Pentium Gマシン2機とは違って、より処理能力が求められる場面で使えそう。Pentium Gが幸いな事に内蔵GPUを搭載しているので、Radeon RX 460をRyzenマシンに回すのも良いと思います。
メインマシン新プランとしては、以下を検討中です。


◎メインマシン新プラン
マスター:Pentium G4600(2コア4スレッド)+DDR3 8GB
ノード1:Ryzen 4コア(Zen2以降)+DDR4 16GB+Radeon RX 460
ノード2:Pentium G3240(2コア2スレッド)+DDR3 8GB
ノード3: Raspberry Pi

オプション:
ノード4:スティックPC(4コア4スレッド)
ノード5:Celeron G3900(2コア2スレッド)+DDR4 8GB
ノード6:Celeron 1007U(2コア2スレッド)+DDR3 8GB

スイッチングHub
LANケーブル
電源x4
切り替えスイッチ付き電源タップ
KVM
今まで使ってきたミニタワーケース

◇用途
・Shotcutなどの動画エンコード、OBS Studioによるゲームプレイ画面などの録画 ー VA-API経由のQSVハードウェアエンコード
・カーネルなどのオープンソースウェアのビルド ー distccによる分散コンパイル
・Steam・Wine・ゲームエミュレーターの稼働、SMPlayerによる動画視聴、プログラミング、その他一般的な用途
・デスクトップ用途とサーバ用途を分ける


自作PCでは、複数台のマシンを作るケースが多いと思いますが、台数が溜まってくると結構邪魔になります。複数のシステムを1台のPCケースにまとめる事で、省スペースになり、処理を分散させる事が可能です。
posted by takatan at 11:30| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする