◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年06月23日

Apple A12Z Bionicとスパコン「富嶽」から見るArm系プロセッサのパフォーマンス向上

2020年以降は、Arm系プロセッサが様々な業界により大きな影響を及ぼす可能性が出てきました。
Appleは、2020年末にArmベースの独自プロセッサを搭載したMacを発売開始し、日本の理化学研究所のスーパーコンピューター「富嶽」は、Armベースの富士通のSoCを搭載し、2020年6月のTOP500で首位になりました。x86系のプロセッサがこれらの分野ではよく使われてきましたが、マシンが高性能化すると共に、消費電力の低下がどの分野にも必要になってきています。
Appleの新型Mac向けのArm系SoCや富嶽に搭載されているA64FXは、今までのArm系プロセッサの常識を覆す存在になりつつあります。

◇Armベースのスパコン「富岳」TOP500で世界1位獲得
https://japanese.engadget.com/arm-super-computer-fugaku-top-500-034015910.html

◇速報:アップル、Macの独自チップ移行を正式発表。初のARM版Macは年内 #WWDC20
https://japanese.engadget.com/apple-184744532.html

Appleだけでなく、MicroSoftもノートパソコン「Surface Pro X」にArm系SoCである「SQ1」が搭載されており、Appleと同じアプローチでArmネイティブで動作するアプリと従来のx86系プロセッサ向けのアプリをある程度バイナリトランスレータで動作させる事が出来るようになっています。

◇Surface Pro X
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-pro-x/8vdnrp2m6hhc

IntelのCore iやAMDのRyzenとは違って、多くのArm系プロセッサは低消費電力を重視した設計になっています。しかし、スマートフォンやタブレットなどのモバイル分野において、ゲームやブラウザや各種エンターテイメント向けのアプリは性能を必要としています。その結果、Qualcommなどの大手半導体メーカーは、Arm系SoCのワットパフォーマンスをどんどん向上させ、ついに業務用サーバ用途でも耐えられるぐらいの性能を実現出来るようになっています。Core iやRyzenとは、全く異なるアプローチでRISCチップとして進化してきたArm系プロセッサは、いよいよデスクトップ分野やスパコン業界にまで勢力を伸ばしてきました。
Appleの新OS「macOS Big Sur」と独自Arm系SoC、バイナリトランスレータ「Rosetta2」の組み合わせは衝撃的で、x86系のゲームアプリをスムーズに動作させるぐらいまでの性能を見せています。Appleの商品展開は、数年Intelのプロセッサを搭載したMacとArmベースのMacを併売していくそうですが、主要なアプリがArmベースのMacに完全移行するのはそれほど時間がかからないのではないかと思います。尤も、Intelにとって、Appleが自社SoCへの切り替えは、Macの現在のシェア(全体の9%ほど)を考えると、10数年前に比べて、それほど大きな痛手にはならないでしょう。

◇世界のPC、4台に1台は依然としてWindows 7 - 2月OSシェア
https://news.mynavi.jp/article/20200303-986236/

富嶽に関してですが、現在新型コロナウイルスの研究に使われています。

◇オフィスの飛沫対策、仕切り板は床から140センチ以上で直撃防ぐ…スパコン「富岳」予測
https://www.yomiuri.co.jp/science/20200620-OYT1T50235/

富嶽は元々2021年に運用開始予定でしたが、新型コロナウイルスの研究に活用する為、一部を先行して試験運用しています。つまり、まだ富嶽は100%の性能を出しておらず、フル稼働すれば、前機種の「京」の100倍の処理能力を引き出す事が出来ます。今回富嶽は、TOP500でトップになりましたが、来年には更に大幅なスコアアップが期待出来ます。

サーバやスパコン分野は、IntelのXeonやAMDのEPYCやArmが主軸になっていますが、オープンソースのRISC-Vもかなり不気味な存在です。RISC-Vが商業的に使える物になれば、今までの概念を変えてしまう可能性も十分にあるでしょう。
posted by takatan at 15:16| 大阪 ☀| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする