◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物などの話題を取り上げるブログ
White Fox - ドラマ・副業・公営ギャンブルに関する情報を提供するブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年06月23日

動画編集ソフト「Shotcut(Linux版)」のVA-API経由でのQSVを使った動画エンコードの高画質設定

動画編集ソフト「Shotcut(Linux版)」のVA-API経由でのQSVを使った動画エンコードの高画質設定は、以下のようにしました。H.264のla-icq(先行探索固定品質モード)でエンコードを行います。
Bフレームを3、GOPを300フレーム入れ、vglobal_qualityを20に設定しています。フルHD29.97fps、6Mbps〜14MbpsのビットレートのH.264のMP4動画に仕上がり、2時間ぐらいの動画で、大体7GBほどになります。


vpre=medium
preset=medium
movflags=+faststart
vprofile=main
vf=format=nv12|
ref=1
b-adapt=2
connection_type=x11
look_ahead=1
look_ahead_depth=60
vglobal_quality=20
f=mp4
acodec=aac
channels=2
ar=48000
ab=384k
vcodec=h264_vaapi
vq=20
g=300
bf=3
top_field_first=2
deinterlace_method=yadif
rescale=hyper
threads=3
posted by takatan at 19:00| 大阪 ☀| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする