◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年06月28日

インテルのイスラエルチームの現在の活動は?

インテルのイスラエルチームが解体されたという話をどこかで見た気がしましたが、ちょっと見つからなかったので、その他のニュースでインテルのイスラエルチームの現在の動向を調べました。
インテルには、大きく2つのプロセッサ設計チームがあります。Pentium 4シリーズを設計・開発したオレゴンチームと、Pentium IIIやPentium M、Core iシリーズなどの系譜のプロセッサの設計・開発をしたイスラエルチームです。Core iシリーズがかなり長期に渡ってインテルの主力プロセッサのアーキテクチャーとして使われてきたのは、イスラエルチームのプロセッサ設計力の凄さのおかげであるのは間違いないでしょう。Pentium 4シリーズを設計したオレゴンチームも決してプロセッサ設計能力が劣っているわけではなく、時代と共にソフトウェアやユーザーの用途に合わなくなってきたのは仕方が無いところです。
オレゴンチームが新アーキテクチャーをフルスクラッチで作っているという海外ニュースが出回っていましたが、公式のイベントでのインテルの現在のプロセッサの設計・開発はどうもイスラエルチームが行っているのではないかと思われます。
イスラエルチームは、実はIce Lakeの設計をしており、所謂Cove系アーキテクチャーは今後のインテルの新プロセッサに使われますが、Core iに引き続き、イスラエルチームが設計をしていると考えられます。

◇10nm CPUは安定供給されるのか? COMPUTEX 2019 Intel基調講演レポート
https://www.4gamer.net/games/449/G044964/20190530161/

このセクションでステージに招かれたのはイスラエルでこのプロジェクトの指揮を執っていたIntelのPlatform Engineering Group, Director Product Development でVice Presidentを務めているUri Frank氏だ。
 Frank氏はウエハをステージに持参し「第10世代Coreプロセッサはいままさに本日から出荷を行っている」と嬉しそうコメントし,ここでも場内から拍手が巻き起こった。


IceLakeの設計・開発を指揮していた重要人物がUri Frank氏です。現在、インテルの副社長の一人(インテルにはかなりたくさんの副社長がいる(^_^;))でもあります。コーポレートページに名前があるので、イスラエルチームが解体された話が本当だとしても、設計責任者を含む開発チームはオレゴンの方と統合した可能性が考えられます。ただ、日本の主なメディアがイスラエルチーム解体の話を記事にしていない事を考えて、一応イスラエルチームは存在するとここではしておきます。

◇インテルの公式ページによるUri Frankの紹介
https://newsroom.intel.com/biography/uri-frank/

◇Intelの開発責任者に聞く、Skylake開発秘話
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/719844.html
インテルのプロセッサ開発は、オレゴン州ヒルズボロの開発チームとイスラエルのハイファのチームが交互で行っているそうです。ネットでよく揶揄されるPentium4の設計がヒルズボロのチームが担当していて、ハイファのチームがPentium MやCore iなどの設計を担当していた事はよく知られています。
Core i以降のこの2つのチームはどのように設計を担当していたのかが、上の記事で分かります。

◯オレゴン州ヒルズボロチーム
Haswell
Broadwell

◯イスラエルのハイファチーム
Sandy Bridge
Ivy Bridge
Skylake
Kabylake
Cannonlake
CoffeeLake
CommetLake
IceLake
TigerLake

posted by takatan at 18:12| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする