◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年08月02日

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux 2020r10」より2種類のLinuxカーネルを搭載予定

Ubuntu LTSをベースにしたオリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux 2020r10」(PVL)から2種類のLinuxカーネルを搭載する予定です。
1つは、Ubuntuカーネルチームが公開している公式なLowlatencyカーネル、もう一つはPVL用に今まで搭載してきたカスタムカーネルです。Live USBでシステムを動かす場合は、Lowlatencyカーネルが起動し、フルインストールした場合は、Lowlatencyカーネルか、カスタムカーネルをUEFI起動時にEscキーを押す事で選択可能になります。
また、カスタムカーネルのdebファイルをoptディレクトリに収録します。

Phantom Valkyrie Linux 2020r10でベースにしているLinuxディストリは、Ubuntu 18.04.4 LTSです。2020/8/13に、Ubuntu18.04.5 LTSが公開されますので、まず、これへの変更を行います。PVL 2020r11以降で、Ubuntu 20.04.1 LTS以降をベースにする形になります。
「Phantom Valkyrie Linux 2020r10」は、2020年8月中旬に公開予定です。


現在バージョンであるPhantom Valkyrie Linux 2020r9は以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/451561416.html
posted by takatan at 12:33| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする