最近の記事

2021年04月13日

Steamに対応した事で、Linux環境でも最新版のVRoid Studioが使えるようになっています

VRoid StudioがSteamに対応するようになっています。

https://vroid.com/studio

LinuxでVRoid Studioを起動させるには、Windows APIレイヤー「Wine」を使う必要があります。しかし、v0.10.4までしか正常に動かせませんでした。
Steamに対応した事で、最新版のv0.13.1がProton経由で起動・使用出来るようになりました。
Linux版Steamを使ったVRoidのプロジェクトデータの場所は、「~/.steam/steamapps/compatdata/1486350/pfx/drive_c/users/steamuser/My Documents/vroid」に変更されるので、元々置いていた場所からシンボリックリンクを張っても良いと思います。vroidフォルダをそのまま移動させても構いません。
シンボリックリンクの貼り方は以下のようになります。(ここでは、ホームディレクトリの直下にあるDocumentsをSteamのユーザーディレクトリにあるMy Documentsフォルダで使えるようにします。元々あったMy Documentsフォルダは名前を変更しておくと良いでしょう。)

$ ln -s $HOME/Documents "$HOME/.steam/steamapps/compatdata/1486350/pfx/drive_c/users/steamuser/My Documents"


スクリーンショット_2021-04-13_16-08-13.png
posted by takatan at 16:20| 大阪 ☔| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする