最近の記事

2021年11月27日

64bitオリジナルOS「Valkyrie Linux 21v12」公開中

※USBメモリーにインストールディスクを作る場合、Unetbootinを推奨。
https://unetbootin.github.io/

◇ISOダウンロード
- Valkyrie Linuxをダウンロードする

md5 : 99ad48970b8e0211e380b13a90f6ddd4 valkyrie_linux21v9.iso

[変更点]
- 2021年11月27日までの収録しているアプリケーションのアップデータを適用
- カスタムカーネル「Noir linux kernel 5.15.5」に更新
- オリジナルアプリ「Viper Tools」の最新版に更新
- Wine 6.0.2,Mesa 21.3,Shotcut 21.10.31,Firefox 94,libllvm13,git 2.34.1に更新
- emacsをnox版からGUI版に変更
- Openboxの右クリックメニューにサスペンドの項目を追加

スクリーンショット_2021-11-27_00-55-57.png


インストール方法とブートローダー「Grub」のインストールに失敗した時のboot-repairの使い方は、この記事の下部で説明しています。

◇概要
Valkyrie Linuxは、Linuxディストリビューションである「Ubuntu LTS版」をベースに開発した64bit OSです。デスクトップ環境はLXQtを導入しています。Valkyrie Linuxは、「Linux・Windowsのアプリケーションの実行環境の提供」、「ソフトウェア開発・Web開発環境の提供」、「マルチメディアコンテンツ作成環境の提供」、「ゲーミング環境の構築」を実施しています。

このOSは、最新のLinuxカーネルをベースにしたカスタムカーネルを収録しています。カスタムカーネルは、グラフィックドライバ「Mesa 21」と組み合わせる事で、高レスポンス性とハイパフォーマンスを実現しています。
デフォルトのカーネルは、低遅延版Ubuntuカーネル5.13.0です。カスタムカーネルを導入したい場合は、デスクトップ上で右クリックしてメニューを出し、「Install Custom Kernel」の項目からインストールが行えます。インストール後は、システムの再起動を行う事でカスタムカーネルが使えるようになります。

「Firefox」「GIMP」「Audacious」「SMPlayer」「Emacs」「OBS Studio」「Shotcut」「Steam」などの人気アプリケーションを搭載しており、デスクトップコンピューティングで行う作業をほぼカバーしてます。SSB(Specific site Browser)によって、強力なオンラインサービスをデスクトップアプリケーションのように使う事が可能です。
Google Chromeを使いたい場合は、デスクトップ上で右クリックメニューを出して、「Install Google Chrome」の項目からインストールが行えます。

システムトレイには、アプリケーションメニューや音量ボリュームがあります。
スクリーンショット_2021-07-22_04-13-04.png
スクリーンショット_2021-07-22_04-13-21.png


[推奨システム要件]
Processor : Intel Core i,Pentium G/Celeron G,Atom SoC
AMD Ryzen
Memory: 4GB以上
Storage: 128GB以上のストレージ
Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.

[動作確認したマザーボード]
B150M COMBO(ASRock)
H97I-PLUS (ASUS)
C1007UN-D (GIGABYTE)

[動作確認したスティックPC]
STCK1A32WFC(Intel)

[OSのスペック]
- Ubuntu 20.04.3 LTS based
- Custom kernel "Noir linux kernel 5.15.5" / Ubuntu kernel 5.13.0 low latency
- original application "Viper Tools"
- linux firmware 1.201
- Mesa 21.3.0
- LXQt
- Tint2
- Openbox
- gmrun,dunst
- xfce4-terminal,xfce4-taskmanager,xfce4-screenshooter
- Intel iHD Driver 21.1.0
- ClassicMenu Indicator
- pnmixer
[収録しているアプリケーション]
- Firefox 94
- emacs-nox 27.1,leafpad,glade
- pulseaudio,jackd2
- GIMP 2.10.18
- GCC 11.1,Python 3.8.10/2.7.18,node.js,libllvm12,PHP 8.0,node.js
- Wine 6.0.2
- OBS Studio,Shotcut,Audacious,Audacity,soundconverter,Blender 2.93.5,mpv 0.27.2,ffmpeg 4.2.4,SMPlyer 20.6.0,Inkscape 1.1
- Steam,PCSX2,mednafen,kega fusion,PPSSPP
- gnumeric,abiword
- keepassxc
- unetbootin,gparted,boot-repair,gnome disks
- git 2.34.1
- X11VNC,remmina
- apache2.4.41
- OpenJtalk
- Arronax
- Thunderbird

[アイコン]
- Suru++

[フォント]
- Takao font
- font noto-emoji
- font noto cjk
- font noto cjk extra
- Cica

◇その他
- Valkyrie Linux Documentation
- Custom Kernel download
- Viper Tools Download

[ウィンドウを閉じるショートカット]

Shift+Windows key+C

[ウィンドウ間を移動するショートカット]

prev - Windwos key+j
next - Windows key+k

[音量ボリュームを変更するショートカット]

volume up - Windows key+u
volume down - Windows key+i




インストール方法
1.ISOをダウンロード(OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいファイルの上で右クリックするとメニューが表れます。)
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
2.UNetbootinでUSBメモリーにインストールディスク(Live USB)を作成。
https://unetbootin.github.io/
Screenshot from 2019-08-25 11-55-19.png
3.Live USBをパソコンのUSBポートに挿入して、UEFIからLive USBで起動出来るように、USBメモリーから起動出来るようにする。(メーカーロゴが出ている時にF11キーなどを押す。)
4.Live USBでシステムを起動。
5.マシンをインターネットに接続します。デスクトップに「Ubuntu 20.04のインストール」というアイコンがあるので、これをクリックするとインストーラーが起動するので、インストールします。もし、ブートローダー「Grub2」のインストールが失敗した場合は、LiveUSBのシステム再起動を行って、右クリックメニューからboot-repairを使ってインストールする事が出来ます。
スクリーンショット_2020-12-19_15-08-53.png

◇boot-repair使用例
「高度なオプション」→「GRUBのオプション」→「SecureBoot」のチェックを外して、適用ボタンを押す。
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-47.png

GRUBをインストールしたら、システムの再起動(修復に失敗したという内容のエラーが出ていてもGrub2はインストールされているので問題無く起動出来ます。)。
スクリーンショット_2020-06-21_11-53-23.png

homeディレクトリを別にした状態で、再インストールをしている時は、/etc/skelの下にあるファイルやフォルダを全てユーザーディレクトリにコピーしなければ反映されません。

◇セキュアブートの無効化
1.パソコンを起動させた時にメーカーのロゴが表示されるので、この時にF2キーかDeleteキーを押す。
IMG_20190418_144306.jpg
2.UEFIに入るので、詳細モードに変更する。(使っているマザーボードによって異なります。)
IMG_20190418_144457.jpg
3.セキュリティ関連の項目にセキュアブートの設定項目があるので、これを選びます。
IMG_20190418_144512.jpg
4.保存して再起動させると、セキュアブートが無効化されてシステムを起動する事が出来ます。

◇新しいバージョンのカーネルをインストール出来ない場合の対処法
live-boot-toolsやinitramfs-tools関連のツールを一旦削除して、これらを再インストールする。

◇iHDドライバを最新にする
~/viper/scriptsの直下に「build_media_driver.sh」というシェルスクリプトを設置しています。これを実行すれば、新しいiHDドライバをインストールする事が出来ます。VA-APIがうまく動作しない場合はiHDドライバを更新してください。

$ cd ~/viper/scripts
$ ./build_media_driver.sh


posted by takatan at 02:55| 大阪 ☁ | TrackBack(0) | アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

64bit Original OS "Valkyrie Linux 21v12" released

*Unetbootin recommended
https://unetbootin.github.io/

◇ISO Download
- Download Valkyrie Linux


[Change Point]
- Applied update of the Linux application until November 27,2021
- Updated to the Custom kernel "Noir linux kernel 5.15.5"
- Updated to the latest original application "Viper Tools"
- Updated to Wine 6.0.2,Mesa 21.3,Shotcut 21.10.31,Firefox 94,libllvm13,git 2.34.1
- Changed to emacs(GUI version)
- Added suspend item to Openbox right-click menu

スクリーンショット_2021-11-27_00-55-57.png

◇ Overview
Valkyrie Linux is a 64-bit OS developed based on the Linux distribution "Ubuntu LTS version".
The desktop environment uses LXQt. Valkyrie Linux implements "Providing an execution environment for Linux/Windows applications", "Providing a software development/Web development environment", "Providing a multimedia content creation environment", and "Building a gaming environment".

This OS contains a custom kernel based on the latest Linux kernel. The custom kernel achieves high responsiveness and high performance by combining with the graphic driver "Mesa 21".
The default kernel is the low latency Ubuntu kernel 5.13.0. If you want to install a custom kernel, right-click on the desktop to bring up the menu, and you can install it from the "Install Custom Kernel" item. After installation, you can use the custom kernel by rebooting the system.

Equipped with popular applications such as "Firefox", "GIMP", "Audacious", "SMPlayer", "Emacs", "OBS Studio", "Shotcut", and "Steam", it covers most of the work done by desktop computing. SSB (Specific site Browser) allows you to use powerful online services like desktop applications.

If you want to use Google Chrome, you can install it from the "Install Google Chrome" item by displaying the right-click menu on the desktop.

The system tray contains application menus and volume volumes.

[Recommended system requirements]
Processor : Intel Core i,Pentium G/Celeron G,Atom SoC
AMD Ryzen
Memory: 2GB and over
Storage: 128GB and over HDD/SSD/USB memory
Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.

[Tested Motherboard]
B150M COMBO(ASRock)
H97I-PLUS (ASUS)
C1007UN-D (GIGABYTE)

[Tested Stick PC(stable with wireless LAN toggle)]
STCK1A32WFC(Intel)

[OS SPEC]
- Ubuntu 20.04.3 LTS based
- Custom kernel "Noir linux kernel 5.15.5" / Ubuntu kernel 5.13.0 low latency
- original application "Viper Tools"
- linux firmware 1.201
- Mesa 21.3.0
- LXQt
- Tint2
- Openbox
- gmrun,dunst
- xfce4-terminal,xfce4-taskmanager,xfce4-screenshooter
- Intel iHD Driver 21.1.0
- ClassicMenu Indicator
- pnmixer
[Applications]
- Firefox 94
- emacs-nox 27.1,leafpad,glade
- pulseaudio,jackd2
- GIMP 2.10.18
- GCC 11.1,Python 3.8.10/2.7.18,node.js,libllvm12,PHP 8.0,node.js
- Wine 6.0.3
- OBS Studio,Shotcut,Audacious,Audacity,soundconverter,Blender 2.93.5,mpv 0.27.2,ffmpeg 4.2.4,SMPlyer 20.6.0
- Steam,PCSX2,mednafen,kega fusion,PPSSPP
- gnumeric,abiword
- keepassxc
- unetbootin,gparted,boot-repair,gnome disks
- git 2.34.1
- X11VNC,remmina
- apache2.4.41
- OpenJtalk
- Arronax
- Thunderbird

[icons]
- Suru++

[Fonts]
- Takao font
- font noto-emoji
- font noto cjk
- font noto cjk extra
- Cica

◇Others
- Valkyrie Linux Documentation
- Custom Kernel download
- Viper Tools Download

[Window Close Shortcut]

Shift+Windows key+C

[Change Window Shortcut]

prev - Windwos key+j
next - Windows key+k

[Volume Shortcut]

volume up - Windows key+u
volume down - Windows key+i




Install
1.Download the ISO (You can download it even if you don't have a OneDrive account. Right-click on the file you want to download to display the menu.)
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
2.Create an installation disk (Live USB) on a USB memory with UNetbootin.
https://unetbootin.github.io/
Screenshot from 2019-08-25 11-55-19.png
3.Insert Live USB into the USB port of your computer so that you can boot from a USB memory so that you can boot from UEFI with Live USB. (Press the F11 key etc. when the maker logo appears.)
4.Boot the system with Live USB.
5.Connect your machine to the internet. There is an icon on the desktop that says "Install Ubuntu 20.04". Clicking this will launch the installer, so install it. If the installation of the boot loader "Grub2" fails, you can restart the LiveUSB system and use boot-repair from the right-click menu to install it.
スクリーンショット_2020-12-19_15-08-53.png

◇boot-repair usage example
Uncheck "Advanced Options"-> "GRUB Options"-> "Secure Boot" and press the Apply button.
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-47.png

After installing GRUB, restart the system (even if you get an error saying that the repair failed, Grub2 is installed so you can start it without any problems).
スクリーンショット_2020-06-21_11-53-23.png


◇Disable secure boot
1.The manufacturer's logo will be displayed when you start your computer, so press the F2 key or the Delete key at this time.
IMG_20190418_144306.jpg
2.Since we are entering UEFI, change to advanced mode. (It depends on the motherboard you are using.)
IMG_20190418_144457.jpg
3.There is a secure boot setting item in the security related items, so select this.
IMG_20190418_144512.jpg
4.If you save and reboot, Secure Boot will be disabled and you will be able to boot your system.

◇What to do if you can't install a newer version of the kernel
Remove the tools related to live-boot-tools and initramfs-tools and reinstall them.

◇Update iHD driver

$ cd ~/viper/scripts
$ ./build_media_driver.sh


posted by takatan at 02:55| 大阪 | アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

Noir Linux Kernel 5.15.5 released [64bit Custom Linux kernel for Ubuntu/Debian]

The Noir Linux Kernel is 64bit Custom Linux kernel for Ubuntu/Debian,and also this kernel has some useful patches applied.
It has improved response and performance compared to the regular Ubuntu official kernel.It is especially effective for games and desktop applications.
The default CPU scheduler for the Noir linux kernel is "PDS",and the default I/O scheduler is "Kyber".

Noir linux kernelはUbuntu/Debianに対応したカスタムカーネルです。
複数のパッチを適用しています。通常のUbuntu公式カーネルよりレスポンス性能とパフォーマンスを高めています。特にゲームやデスクトップ用途で高い効果を発揮します。
マルチキューI/Oスケジューラーは、MQ-deadline・Kyber・BFQ-MQをカーネルパラメーターで選択可能になっています。
Noir linux kernelのデフォルトのCPUスケジューラーはPDS、デフォルトのI/OスケジューラーはKyberです。

[Download Noir Linux Kernel(binary,source code,patch)]
Download from GitHub

[Change point]
- Updated to linux 5.15.5 patchsets
- Deleted Aufs

[based kernel source]
- linux kernel 5.15( https://cdn.kernel.org/pub/linux/kernel/v5.x/linux-5.15.tar.xz )

[Optimized kernel configuration]

- Built on the GCC 11.1.0
- CPU scheduler -> PDS
- Default I/O scheduler -> Kyber
- Processor family -> Generic X86_64
- Kernel Compression mode -> zstd
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(lowlatency desktop)
- CPU Timer frequency -> 750Hz
- RCU boost delay -> 339
- Compiler optimization level -> Optimize for more performance(-O3)
- Timer tick handling -> Full dynticks system
- Default CPUFreq Governor -> schedutil
- CPU idle governor -> TEO
- nr_migrate = 256
- rq_affinity = 2
- vm_swappiness = 33
- Core Scheduler for SMT on
- UKSM support
- BBR2 support
- futex/futex2 support
- ZSTD kernel and initram support
- clear linux on
- VHBA on
- spadfs support
- bcachefs support
- PCIe ACS Override support
- OpenRGB support
- winesync support(5.14 only)
- SLUB from PREEMPT_RT(option)
- locking core from PREEMPT_RT(option)
- lazy preempt from PREEMPT_RT(option)
- printk queue from PREEMPT_RT(option)
- crypto from PREEMPT_RT(option)
- CacULE support(5.14 only)


[Applied patches]

- linux update patch( https://www.kernel.org/ )
- CacULE( https://github.com/hamadmarri/cacule-cpu-scheduler )
- sirlucjan's patches( https://github.com/sirlucjan/kernel-patches )
- CK's hrtimer patchset( http://ck.kolivas.org/patches/5.0/5.12/5.12-ck1/patches/ )
- le9( https://github.com/hakavlad/le9-patch )
- Zen( http://ck.kolivas.org/patches/5.0/5.15/5.15-ck1/patches/ )
- PREEMPT_RT( https://mirrors.edge.kernel.org/pub/linux/kernel/projects/rt/ )


◇インストール方法
Gitのリリースページで公開しているバイナリをダウンロードしてインストールする場合は以下のコマンドを使います。


$ sudo dpkg -i *.deb


◇システムのパフォーマンスアップ

$ ./performanceup.sh


◇カスタムカーネルのビルド

バニラカーネルのダウンロードとパッチ当て
$ ./build.sh -e base

前述を行った後にカスタムカーネルのビルドとインストール
$ ./build.sh -e core


◇ダウンロード方法
GitHubのリリースページにある「Source Code」と書かれている部分をクリックすると、バニラカーネルソースコード用のパッチ・各種スクリプト一式をまとめた圧縮ファイルをダウンロード出来ます。また、バイナリも公開しています。

89ee7739-24c8-4414-ad16-e128ee54bbe8.png

◇I/Oスケジューラー確認方法
現在使っているI/Oスケジューラーの確認方法は、端末で以下のコマンドを実行する事で出来ます。

$ cat /sys/block/sd*/queue/scheduler

I/Oスケジューラーを変更するには、以下のコマンドを実行します。

# echo 変更したいスケジューラー > /sys/block/sda/queue/scheduler

設定を永続化するには、起動時に「elevator=変更したいスケジューラー」を付けます。

◇マルチキュー設定方法
マルチキューを使えるようにするには、カーネルパラメータに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加してシステムを起動します。また、設定を永続化したい場合には、/etc/sysctl.d/90-override.confに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加して再起動する必要があります。

また、SSDやHDDの種類によって自動的にI/Oスケジューラーを変更する設定の永続化を行うには、以下のようなファイルを作成します。
https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%8C%96#.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.83.8D.E3.83.AB.E3.83.91.E3.83.A9.E3.83.A1.E3.83.BC.E3.82.BF.E3.81.AE.E8.AA.BF.E6.95.B4

◇/etc/udev/rules.d/60-ioschedulers.rules
# set scheduler for non-rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]|mmcblk[0-9]*", ATTR{queue/rotational}=="0", ATTR{queue/scheduler}="mq-deadline"
# set scheduler for rotating disks
ACTION=="add|change", KERNEL=="sd[a-z]", ATTR{queue/rotational}=="1", ATTR{queue/scheduler}="bfq"



[Full tickless]
1.Edited /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="nohz_full=1"


2.Make grub config
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

3.reboot system


◇CacULEのレスポンス向上コマンド

$ sudo sysctl kernel.sched_interactivity_factor=50
$ sudo sysctl kernel.sched_max_lifetime_ms=60000

永続化したい場合は、/etc/sysctl.d/90-override.confに以下を追加

kernel.sched_interactivity_factor=50
kernel.sched_max_lifetime_ms=60000


posted by takatan at 11:23| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

Linux Application "Viper Tools(20211002)" released

Download Viper Tools

Viper ToolsDocumentation

[Change Point]
- カスタムカーネルビルド機能をGitHubで公開しているNoir Linux Kernelリポジトリの方に移したので、Viper Toolsから削除

スクリーンショット_2020-04-30_22-49-43.png
[動作環境]
・Ubuntu 20.04 LTS
・Bash
・Python 3.8,Python2.7
・GTK+3
・libglade
・xfce4-terminal

[Install the apps needed to use the library]

$./install_libraryapps



To use the reading features, you need to install Open Jtalk, Mecab, and mecab-python3.

$ sudo apt install open-jtalk open-jtalk-mecab-naist-jdic mecab
$ sudo pip install mecab-python3


Viper Toolsは、様々な機能を使う事が出来るLinuxアプリです。

・カーネルビルド機能。
build_noir_kernelディレクトリの直下にあるbuild.shがあります。ベースになるカーネルのソースコードにパッチを適用するには、「./build.sh -e base」を実行させます。
「./build.sh -e core」でカスタムカーネルのコンフィグファイルの設定とビルドが行えます。
・競艇予想や数字選択式宝くじ予想機能
・Ubuntu系LinuxディストリビューションをオリジナルのLinuxディストリビューションである「Valkyrie Linux」のデスクトップ環境に変換する機能
・OpenJtalkを使ってコンピューターを喋らせる機能
・tmpfsのRAMDISK量の調整機能
・アニメーションGIFのようなアニメーションSVG、APNGを作成する機能
・アプリケーションやライブラリのインストール
・OSのリマスター機能
・ChromiumにGoogle Chrome内蔵のWidevineを入れる事が出来る「install widevine」機能
・動画ダウンロード機能
・VAAPI対応ffmpegとiHD Driverを使ったQSVハードウェアエンコード機能
・Proton上でwinetricksやwinecfgを使う為のスクリプト機能
・LiveCDのテストを行う為にQEmuを使う機能
posted by takatan at 13:45 | TrackBack(0) | アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

JavaScript library "spider.js(20180328)" and CSS framework "siren.css(20190513)" released

◇spider.js
Download spider.js

Documentation

The JavaScript library "spider.js" provides functions such as Ajax, DOM animation, and CSS animation.

[Change point]
- Delete seekingMedia method

ECMA Script 6から他のオブジェクト指向言語のようにclass文(prototypeの糖衣構文らしい)が使えるようになっていますが、これを使うと自動的にstrictモードになり、with文が使えなくなってしまいますので、従来通りprototypeベースで作っています。また、インスタンスを生成する際にnew演算子を付ける必要があるので、このnew演算子を付けずに、インスタンスを生成するようにする為に、prototypeベースの方法を採用しました。

◇siren.css
Download spider.css

siren.css Documentation

The CSS framework "siren.css" realizes page design using responsive design and CSS animation.


[change point]
- Add img_left class,img_right_class,p_left class,p_right class,img_clear class,p_clear classes
posted by takatan at 00:57| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする