◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年10月25日

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux 2020v13」の開発進捗状況(2020年10月25日)

オリジナルOSの最新バージョン「Phantom Valkyrie Linux 2020v13」の開発進捗状況は以下の通りです。

・Ubuntu 18.04.5 LTSベース
・カスタムカーネル「PVL kernel」最新版に更新
・オリジナルアプリ「Viper Tools」の最新版に更新
・収録しているアプリケーションの最新アップデータ適用
・Firefox 82に更新
・GCC 10.2・g++ 10.2・cpp 10.2を追加
・Tint2とOpenboxのメニューを更新
・lxqt-poermanagement削除
・xfce4-power-manager追加


更新・変更する箇所は、これ以外にも増える可能性があります。
「Phantom Valkyrie Linux 2020v13」は、2020年11月下旬ぐらいに公開予定です。


現在バージョンであるPhantom Valkyrie Linux 2020r12.1は以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/451561416.html
posted by takatan at 02:45| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux 2020r12」の開発進捗状況(2020年10月20日)

オリジナルOSの最新バージョン「Phantom Valkyrie Linux 2020r12」の開発進捗状況は以下の通りです。

・Ubuntu 18.04.5 LTSベース
・カスタムカーネル「PVL kernel 5.9.1-v3」に更新
・オリジナルアプリ「Viper Tools」の最新版に更新
・収録しているアプリケーションの最新アップデータ適用
・Ubuntu公式lowlatencyカーネルを更新
・Chromium 85、Firefox 81に更新
・Shotcut 20.09.27に更新
・OBS Studio 26.0に更新
・Openboxの右クリックメニューに、モニターを休止させるモードを追加
・ドリームキャストエミュレーター「redream」を追加
・MDエミュレーター「kega fusion」が動作しなかったのを修正
・セガサターンエミュレーター「Yabause」を再収録
・Python 3.9追加
・Mecab追加
・Open Jtalk追加


更新・変更する箇所は、これ以外にも増える可能性があります。
「Phantom Valkyrie Linux 2020r12」は、2020年10月下旬ぐらいに公開予定です。


現在バージョンであるPhantom Valkyrie Linux 2020r11は以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/451561416.html
posted by takatan at 17:44| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カスタムカーネル「PVL kernel 5.9.1-v3」について

カスタムカーネル「PVL kernel 5.9.1-v3」は、linux kernel 5.9.1をベースに、ハイパフォーマンス・低レイテンシー・ハイレスポンスを目指した物です。
今回の変更では、Zenパッチのwriteback関連のパッチ、CPUFreq Governor「ondemand」の最適化パッチなどを適用しており、CPUスケジューラー「CFS」でMuQSSやBFQやPDSと同程度以上の性能を発揮出来るようになっています。

◇PVL kernel 5.9.1-v3の公開ページ
http://www.vsrx.work/article/464617594.html
posted by takatan at 17:39| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

About the custom linux kernel "PVL kernel 5.9.0-r4"

カスタムカーネル「PVL kernel 5.9.0-r4」を公開しました。このカーネルは、linux kernel 5.9.0をベースに、様々なパッチの適用やコンフィグファイルの変更によって、Ubuntu公式カーネルよりもパフォーマンス・レスポンスの面で優れています。
今までは、CPUスケジューラー「PDS」を導入して、レスポンス性とパフォーマンス向上を図っていましたが、まだProject Cパッチがうまく適用出来ていませんので、今回はCPUスケジューラーを「CFS」にしています。

Linux 5.9では、FSGSBASEとzstdのソースコードがマージされているので、これらに関してはパッチを当てる必要が無くなったので楽でした。CK1パッチからhrtimersに関連するもの、ZenパッチからZen Ineractive Tuningの中でもパフォーマンス向上を行えるもの、KSMの強化版であるUKSM、GCCビルドの最適化、Wine/Proton上でのゲーミング性能を向上させるfsyncなど強力なパッチを適用しました。

PDSを導入していない代わりに、パフォーマンスを向上させる為に、XanMod kernelのコンフィグファイルを参考に、コンフィグファイルに変更を加えています。その結果、linux 5.8系をベースにして作ったものとほぼ変わらないパフォーマンスを発揮出来るようになってきました。



The custom kernel "PVL kernel 5.9.0-r4" has been released. Based on linux kernel 5.9.0,this kernel has better performance and response than the official Ubuntu kernel by applying various patches and changing config files.
Until now,I have introduced the CPU scheduler "PDS" to improve responsiveness and performance,but since the Project C patch has not been applied well yet,I have set the CPU scheduler to "CFS" this time.


In Linux 5.9, the source code of FSGSBASE and zstd was merged, so it was easy because I didn't need to patch them. I applied a powerful patch such as CK1 patch to hrtimers related, Zen patch to Zen Ineractive Tuning that can improve performance, UKSM(enhanced KSM),GCC build optimization, fsync to improve gaming performance on Wine/Proton, etc.


Instead of installing PDS, in order to improve performance, I made changes to the config file by referring to the config file of XanMod kernel. As a result, it has become possible to demonstrate almost the same performance as the custom kernel made based on linux 5.8 series.


PVL kernelの最新版は、以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/464617594.html
posted by takatan at 11:19| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

カスタムカーネル「PVL kernel 5.8.7-r1」でCPUスケジューラーをBMQからPDSに変更しました

CPUスケジューラー「BMQ」や「PDS」を開発したAlfred Chen氏のProject Cパッチがカーネルコンフィグファイルの設定でBMQとPDSを選択出来るようになりました。今回のカスタムカーネルでは、この新しいバージョンのProject Cパッチを適用し、CPUスケジューラーをBMQからPDSに変更しました。
BMQがGoogleのZirconカーネルをモチーフにして開発された物に対して、PDSはCon Kolivas氏が開発したCPUスケジューラー「MuQSS」からフォークして開発された物です。その為、PDSはBMQよりもMuQSSに近いと言っても良いでしょう。

◇Alfred Chen氏のブログ
http://cchalpha.blogspot.com/

◇Project Cの公開ページ
https://gitlab.com/alfredchen/linux-prjc/-/releases/v5.8-prjc-r2

◇Con Kolivas氏のブログ
http://ck-hack.blogspot.com/

カスタムカーネルは以下のページで公開しています。
http://www.vsrx.work/article/464617594.html
posted by takatan at 16:34| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする