最近の記事

2021年08月04日

2021年度版PulseAudioの設定

PulseAudioの設定を変更しました。特に、Steamでゲームをプレイするのに最適化しています。必要が無い時にリサンプリングをしないようにし、タイマーに依るスケジューリングを無効化しています。負荷がかかり過ぎた時の音割れが起こりにくくなっています。

◇/etc/pulse/daemon.conf

# This file is part of PulseAudio.
#
# PulseAudio is free software; you can redistribute it and/or modify
# it under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by
# the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
# (at your option) any later version.
#
# PulseAudio is distributed in the hope that it will be useful, but
# WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
# General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU Lesser General Public License
# along with PulseAudio; if not, see .

## Configuration file for the PulseAudio daemon. See pulse-daemon.conf(5) for
## more information. Default values are commented out. Use either ; or # for
## commenting.

daemonize = no
; fail = yes
; allow-module-loading = yes
; allow-exit = yes
; use-pid-file = yes
; system-instance = no
; local-server-type = user
; enable-shm = yes
; enable-memfd = yes
; shm-size-bytes = 0 # setting this 0 will use the system-default, usually 64 MiB
; lock-memory = no
; cpu-limit = no

high-priority = yes
nice-level = -11

realtime-scheduling = yes
realtime-priority = 9

; exit-idle-time = 20
; scache-idle-time = 20

; dl-search-path = (depends on architecture)

; load-default-script-file = yes
; default-script-file = /etc/pulse/default.pa

; log-target = auto
; log-level = notice
; log-meta = no
; log-time = no
; log-backtrace = 0

resample-method = soxr-vhq
avoid-resampling = yes
; enable-remixing = yes
; remixing-use-all-sink-channels = yes
; enable-lfe-remixing = no
; lfe-crossover-freq = 0

flat-volumes = no

; rlimit-fsize = -1
; rlimit-data = -1
; rlimit-stack = -1
; rlimit-core = -1
; rlimit-as = -1
; rlimit-rss = -1
; rlimit-nproc = -1
; rlimit-nofile = 256
; rlimit-memlock = -1
; rlimit-locks = -1
; rlimit-sigpending = -1
; rlimit-msgqueue = -1
; rlimit-nice = 31
rlimit-rtprio = 9
; rlimit-rttime = 200000

default-sample-format = float32ne
default-sample-rate = 48000
alternate-sample-rate = 44100
;default-sample-channels = 6
;default-channel-map = front-left,front-right,rear-left,rear-right,front-center,lfe
default-sample-channels = 2
default-channel-map = front-left,front-right

default-fragments = 2
default-fragment-size-msec = 5

; enable-deferred-volume = yes
deferred-volume-safety-margin-usec = 1
; deferred-volume-extra-delay-usec = 0



◇/etc/pulse/default.conf

#!/usr/bin/pulseaudio -nF
#
# This file is part of PulseAudio.
#
# PulseAudio is free software; you can redistribute it and/or modify it
# under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by
# the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
# (at your option) any later version.
#
# PulseAudio is distributed in the hope that it will be useful, but
# WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
# General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU Lesser General Public License
# along with PulseAudio; if not, see .

# This startup script is used only if PulseAudio is started per-user
# (i.e. not in system mode)

.fail

### Automatically restore the volume of streams and devices
load-module module-device-restore
load-module module-stream-restore
load-module module-card-restore

### Automatically augment property information from .desktop files
### stored in /usr/share/application
load-module module-augment-properties

### Should be after module-*-restore but before module-*-detect
load-module module-switch-on-port-available

### Use hot-plugged devices like Bluetooth or USB automatically (LP: #1702794)
.ifexists module-switch-on-connect.so
load-module module-switch-on-connect
.endif

### Load audio drivers statically
### (it's probably better to not load these drivers manually, but instead
### use module-udev-detect -- see below -- for doing this automatically)
#load-module module-alsa-sink
#load-module module-alsa-source device=hw:1,0
#load-module module-oss device="/dev/dsp" sink_name=output source_name=input
#load-module module-oss-mmap device="/dev/dsp" sink_name=output source_name=input
#load-module module-null-sink
#load-module module-pipe-sink

### Automatically load driver modules depending on the hardware available
.ifexists module-udev-detect.so
load-module module-udev-detect
.else
### Use the static hardware detection module (for systems that lack udev support)
load-module module-detect
.endif

### Automatically connect sink and source if JACK server is present
.ifexists module-jackdbus-detect.so
.nofail
load-module module-jackdbus-detect channels=2
.fail
.endif

### Automatically load driver modules for Bluetooth hardware
.ifexists module-bluetooth-policy.so
load-module module-bluetooth-policy
.endif

.ifexists module-bluetooth-discover.so
load-module module-bluetooth-discover
.endif

### Load several protocols
.ifexists module-esound-protocol-unix.so
load-module module-esound-protocol-unix
.endif
load-module module-native-protocol-unix

### Network access (may be configured with paprefs, so leave this commented
### here if you plan to use paprefs)
#load-module module-esound-protocol-tcp
#load-module module-native-protocol-tcp
#load-module module-zeroconf-publish

### Load the RTP receiver module (also configured via paprefs, see above)
#load-module module-rtp-recv

### Load the RTP sender module (also configured via paprefs, see above)
#load-module module-null-sink sink_name=rtp format=s16be channels=2 rate=44100 sink_properties="device.description='RTP Multicast Sink'"
#load-module module-rtp-send source=rtp.monitor

### Load additional modules from GConf settings. This can be configured with the paprefs tool.
### Please keep in mind that the modules configured by paprefs might conflict with manually
### loaded modules.
.ifexists module-gconf.so
.nofail
load-module module-gconf
.fail
.endif

### Automatically restore the default sink/source when changed by the user
### during runtime
### NOTE: This should be loaded as early as possible so that subsequent modules
### that look up the default sink/source get the right value
load-module module-default-device-restore

### Automatically move streams to the default sink if the sink they are
### connected to dies, similar for sources
load-module module-rescue-streams

### Make sure we always have a sink around, even if it is a null sink.
load-module module-always-sink

### Honour intended role device property
load-module module-intended-roles

### Automatically suspend sinks/sources that become idle for too long
load-module module-suspend-on-idle

### If autoexit on idle is enabled we want to make sure we only quit
### when no local session needs us anymore.
.ifexists module-console-kit.so
load-module module-console-kit
.endif
.ifexists module-systemd-login.so
load-module module-systemd-login
.endif

### Enable positioned event sounds
load-module module-position-event-sounds

### Cork music/video streams when a phone stream is active
load-module module-role-cork

### Modules to allow autoloading of filters (such as echo cancellation)
### on demand. module-filter-heuristics tries to determine what filters
### make sense, and module-filter-apply does the heavy-lifting of
### loading modules and rerouting streams.
load-module module-filter-heuristics
load-module module-filter-apply

### Make some devices default
#set-default-sink output
#set-default-source input

load-module module-udev-detect tsched=0
posted by takatan at 12:23| 大阪 ☀| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

【Ubuntu 20.04 LTS】Wi-Fiがぷちぷち切れるのを解消する方法

Ubuntu 20.04 LTSをインストールする、あるいはアップグレードすると気になるのが、Wi-Fiがぷちぷち切れる事です。これを解消するには、以下のコマンドで省電力機能をオフにします。

sudo pm-powersave false
posted by takatan at 09:47| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

Steamに対応した事で、Linux環境でも最新版のVRoid Studioが使えるようになっています

VRoid StudioがSteamに対応するようになっています。

https://vroid.com/studio

LinuxでVRoid Studioを起動させるには、Windows APIレイヤー「Wine」を使う必要があります。しかし、v0.10.4までしか正常に動かせませんでした。
Steamに対応した事で、最新版のv0.13.1がProton経由で起動・使用出来るようになりました。
Linux版Steamを使ったVRoidのプロジェクトデータの場所は、「~/.steam/steamapps/compatdata/1486350/pfx/drive_c/users/steamuser/My Documents/vroid」に変更されるので、元々置いていた場所からシンボリックリンクを張っても良いと思います。vroidフォルダをそのまま移動させても構いません。
シンボリックリンクの貼り方は以下のようになります。(ここでは、ホームディレクトリの直下にあるDocumentsをSteamのユーザーディレクトリにあるMy Documentsフォルダで使えるようにします。元々あったMy Documentsフォルダは名前を変更しておくと良いでしょう。)

$ ln -s $HOME/Documents "$HOME/.steam/steamapps/compatdata/1486350/pfx/drive_c/users/steamuser/My Documents"


スクリーンショット_2021-04-13_16-08-13.png
posted by takatan at 16:20| 大阪 ☔| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

Chromium Browserに追加したChrome拡張機能とChromeアプリ(2021年版)

Google Chromeのオープンソース版「Chromium Browser」を愛用していますが、その中で使う為に導入したChrome拡張機能やChromeアプリは以下の通りです。実用性重視で選びました。
ブックマークバーにオンデマンドサービスや動画共有サービスを設定しておくと、テレビのリモコン感覚で切り換えられるので便利です。
Chrome拡張・Chromeアプリ・ブックマークバーで、PCで行うほとんどの処理をブラウザ上で行えるようになりました。

◎Chromeウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja&

◇Chrome拡張機能
・Ublock Origin ー 広告ブロック
・AutoPagerize ー 自動ページ送り
・Awesome Screenshot ー スクリーンショット撮影
・h264ify ー YouTubeの動画コーデックをH.264/AVCに変更。ハードウェアアクセラレータが使えるようになる。
・Page Load time ー ページを表示する時間を測定
・Douga Getter ー 動画ダウンローダー
・Downloads2 ー ダウンローダー
・Image Downloader ー 画像一括ダウンロード
・jsoff ー JavaScriptのオンオフ
・User-Agent Switcher and Manager ー ユーザーエージェントの切り換え
・HLS Downloader ー HLSを使って動画をダウンロードする
・Scroll To Top ー ページの最上部や最下部に瞬時に移動
・文字数カウンター ー 文字をなぞって、右クリックメニューから文字数カウンターを選ぶと自動的に数えてダイアログで教えてくれる
・rajiko ー radiko.jpでラジオ番組を視聴出来る
・MindMap Tab ー マインドマップ作成・編集
・girt memo ー メモ帳アプリ
・Checker Plus for Gmail ー Gmail通知
・User Agent Switcher and Manager ー ユーザーエージェント変更
・Instagram用ウェブ ー Instagramの閲覧・写真のアップロードが行える
・SpeedTest ー 回線速度を測定
・Google翻訳 ー 翻訳を行う
・Lightshot ー スクリーンショットと画像編集
・Music Mode for Youtube ー 音声だけ再生するモードに変更
・電卓 ー シンプルな電卓


◇Chromeアプリ
・read.crx 2 ー 5ちゃんねる・オープン2ちゃんねるなどの巨大掲示板フロントエンド
・Chromeデスクトップ ー Chrome系ブラウザ同士を接続してリモートデスクトップを行う
・Google Drive ー Google Driveへのリンク
・OneDrive ー OneDriveへのリンク
・Vysor ー リモートデスクトップを行える
・Caret ー テキストエディタ
・Airdroid ー PCとAndroidスマホとの間でファイルのやり取りを行える
・Pixlr Editor ー オンライン画像編集サービスへのリンク
・Fotor ーオンラインの写真編集サービスへのリンク
・Polor ー 写真編集

◇Google ChromeからChromiumに無理矢理入れたプラグイン
*/usr/lib/chromium-browser直下に置いた。dアニメストアなどのビデオオンデマンドサービスで視聴する時に必要。
・libwidevinecdm.so
・libwidevinecdmadapter.so

◇ブックマークバーに設定しているショートカット
・YouTube
・dアニメストア
・TVer
・Gyao!
・AmebaTV
・ニコニコ動画
・ラジコ
・Twitter
・文字数カウント
・CopyContentDetector

スクリーンショット_2021-03-30_22-09-10.png
スクリーンショット_2021-03-30_22-09-24.png
スクリーンショット_2021-03-30_22-10-00.png
posted by takatan at 22:04| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

Chromebookは最も容易にLinux環境を構築可能

Chromebookには、Gentoo Linuxをベースに開発されたOS「Chrome OS」が搭載されています。基本的には、LinuxカーネルとGoogle開発のデスクトップ環境とGoogle Chromeを一体化したOSで、Google Chromeを通してコンピューティング作業を行えるように設計されています。
近年、Androidアプリを使える機能が正式に有効化された事で、YouTubeなどでAndroidアプリが使える事を強調するレビュアーが多いですが、実際にはAndroidタブレットを置き換えるぐらい互換性があるというわけではありません。Androidアプリは、どうしてもAndroidというモバイル向けOSに最適化されているので仕方が無い部分ではあります。

しかし、Chrome OSはLinuxモードを搭載しており、コンテナ技術で仮想環境を構築し、その中でDebian(Buster)を使えます。つまり、Chrome OSの本領は、オンラインサービスを主に使うChrome OSの基本機能とLinuxアプリを使えるLinuxモードにあると言えます。
DebianというLinuxディストリビューションが使えるという事は、パッケージ管理システムであるAPTで膨大なLinuxアプリをインストールする事が可能で、開発環境やオフライン環境を作る事が出来ます。Chromebookの低価格モデルは、CPUがそれほど高性能では無いので、軽量なアプリケーションをインストールするのが現実的ですが、10万円前後ぐらいのモデルであれば、動作が重めのアプリケーションでも快適に動作させられます。

◇Chromebook で Linux(ベータ版)をセットアップする
https://support.google.com/chromebook/answer/9145439?hl=ja

Chrome OSでLinuxモードを使える方法がGoogle公式で公開されています。Chrome OSの設定のトグルボタンをオンにするだけで、仮想環境上にDebianがインストールされます。Debianをインストールすると、ターミナルが使えるようになり、ここからAPTの各種コマンドが使えます。基本的にはターミナルによるコマンド操作ですが、Synaptic Package Managerをインストールする事が出来るので、それをインストールすれば、以後はGUIでアプリケーションのインストールが行えます。

◇ADD SYNAPTIC TO YOUR CHROMEBOOK FOR EASY LINUX PACKAGE MANAGEMENT
https://chromeunboxed.com/add-synaptic-to-your-chromebook-for-easy-linux-package-management/

Chrome OSのLinuxモードでは、GIMP・Emacsなどのインストールが出来る事が確認されています。仮想環境に入っているのがDebianであるので、対応アプリはほぼ全て使えるでしょう。FcitxやMozcを入れておくと日本語入力環境も整えられます。表計算ソフト「gnumeric」、ワープロソフト「Abiword」は軽量なので、Chromebookとの相性も良いでしょう。

◇HP Chromebook 14a に gimp を簡単インストール。
https://casually.hatenablog.com/entry/2021/01/04/231843

◇How to install Emacs on your Chromebook!!!
https://qiita.com/wakadori_Mk2/items/8d43993ff515c53e830d


開発環境ですが、AtomやEmacsやGitなどをLinuxモードで使えるので、それらで開発をしている人はある程度Chromebookで作業が行えます。Googleが公式で紹介しているのが、Linux版Android StudioでのAndroidアプリの開発です。Chrome OSにAndroid稼働機能がある事もあり、Android Studioとの相性は良いようです。Androidエミュレータを使わなくて済み、実機で動作確認する際はChrome OSの方で行えば良いので効率は良さそうです。

◇開発環境
https://developer.android.com/topic/arc/development-environment?hl=ja

Linuxモードをフルに使いたい場合は、出来るだけメインメモリーやストレージの容量が多いモデルを購入するのが良いでしょう。CPUに関しては、動作させるアプリ次第ですが、Chrome OS自体がかなり軽いOSであり、単純にGIMPやEmacsやAndroid Studioなどを使う分には多少性能が低めのCPUでも問題は無いと思われます。

Linuxを使った事がある人は分かると思いますが、インストール時にブートローダ「GRUB2」のインストールに失敗するなどインストール時にトラブルが起こる事があります。そういう手間を省いて、Linux環境を使えるようにする点で、Chromebookは優れた端末と言えるでしょう。

Chromebookには自動アップデートを行ってくれる期間「自動更新ポリシー」が設定されています。最近発売された機種は、8年ぐらい期間が設けられているので問題は無いですが、もし、それ以上使う際にLinuxモードで環境を構築しておけば、そのままLinuxマシンとして使う事も出来るでしょう。
posted by takatan at 16:03| 大阪 | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする