◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年09月03日

64bit Linux distribution "Phantom Valkyrie Linux 2020r11" released

◇ISO Download
- Phantom Valkyrie Linux Download


スクリーンショット_2020-08-14_16-00-52.png

インストール方法は、この記事の下部で説明しています。

[OS SPEC]
- Ubuntu 18.04.5 LTS based
- Custom kernel "PVL kernel 5.8.5-r3" / linux kernel 5.4.0 lowlatency
- original application "Viper Tools"
- linux firmware 1.173.19
- Mesa 20
- LXQt
- Tint2
- Openbox
- gmrun,dunst
- xfce4-terminal,xfce4-taskmanager,xfce4-screenshooter
- Chromium Browser 84,Firefox 80
- emacs-nox 25,leafpad,glade
- pulseaudio,jackd2
- GIMP 2.10.14
- GCC 10.1.0,Python 3.6.9/2.7.17,node.js,LLVM10
- Wine 5.0.1,PlayOnLinux
- OBS Studio,Shotcut,Audacious,Audacity,SMPlayer,soundconverter
- PCSX2,PPSSPP,mednafen,kega fusion
- gnumeric,abiword
- keepassxc
- unetbootin,gparted,boot-repair,gnome disks
- X11VNC,remmina
- Takao font,noto-emoji,Cica
- Suru++
- apache2.4.29

◇Others
- Phantom Valkyrie Linux Documentation
- Custom Kernel download
- Viper Tools Download

[Change Point]
- Applied update of the Linux application until September 3, 2020
- Updated to Custom kernel "PVL kernel 5.8.5-r3"
- Updated to the latest original application "Viper Tools"
- Changed to Wine 5.0.2
- Updated to Shotcut 20.07.11
- Updated to Firefox 80

◇概要
Phantom Valkyrie Linuxは、Linuxディストリビューションである「Ubuntu LTS版」をベースに開発した64bit OSです。デスクトップ環境はLXQtを導入しています。

このOSは、最新のLinuxカーネルをベースにしたカスタムカーネルを搭載しています。カスタムカーネルは、グラフィックドライバ「Mesa 20」と組み合わせる事で、高レスポンス性とハイパフォーマンスを実現しています。
Phantom Valkyrie Linuxは、「Linux・Windowsのアプリケーションの実行環境の提供」、「ソフトウェア開発・Web開発環境の提供」、「マルチメディアコンテンツ作成環境の提供」、「ゲーミング環境の構築」を実施しています。

「Chromium Browser」「Firefox」「GIMP」「Audacious」「SMPlayer」「Emacs」「PlayOnLinux」「OBS Studio」「Shotcut」「Steam」などの人気アプリケーションを搭載しており、デスクトップコンピューティングで行う作業をほぼカバーしてます。SSB(Specific site Browser)によって、強力なオンラインサービスをデスクトップアプリケーションのように使う事が可能です。

◇ Overview
Phantom Valkyrie Linux is a 64bit OS which was developed based on the "Ubuntu LTS", which is a Linux distribution.
The desktop environment of this OS is LXQt.

This OS is equipped with a custom kernel based on the lateset Linux kernel.The custom kernel realize high response and high performance by combining it with the graphic driver "Mesa 20".
Phantom Valkyrie Linux is carried out "providing execution environment for Linux/Windows applications", "providing software development and web development environment", "providing multimedia contents creation environment , "building a gaming environment".

It is equipped with popular application such as "Chromium Browser","Firefox","GIMP","Audacious","SMPlayer","Emacs","PlayOnLinux","OBS Studio","Shotcut","Steam",etc.This os almost covers work to perform by desktop computing. By SSB(Specific site Browser), it can use the strong online service like desktop application.
Phantom Valkyrie Linux can perform automatic sentence construction and reading aloud with the artificial intelligence from a change of the system startup sound, addition of new application in original application "Viper Tools".


[Recommended system requirements]
Processor : Intel Core i7/i5/i3,Pentium G/Celeron G,SoC after Atom Z3000
AMD FX processor、A10/A8/A6 APU
Memory: 1GB and over
Storage: 128GB and over HDD/SSD/USB memory
Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.

[Tested Motherboard]
B150M COMBO(ASRock)
H97I-PLUS (ASUS)
C1007UN-D (GIGABYTE)

[Tested Stick PC(stable with wireless LAN toggle)]
STCK1A32WFC(Intel)




インストール方法
1.ISOをダウンロード(OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいファイルの上で右クリックするとメニューが表れます。)
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
2.UNetbootinでUSBメモリーにインストールディスク(Live USB)を作成。
https://unetbootin.github.io/
Screenshot from 2019-08-25 11-55-19.png
3.Live USBをパソコンのUSBポートに挿入して、UEFIからLive USBで起動出来るように、USBメモリーから起動出来るようにする。(メーカーロゴが出ている時にF11キーなどを押す。)
4.Live USBでシステムを起動。
5.ネット回線を切っておきます。タスクバーの上部のシステムトレイにネット接続アプリ「network manager」のアイコンがあります。これをクリックして、ネット回線を切断する事が出来ます。このOSには、予め様々なアプリをプリインストールしていますので、ネットに接続すると、余計なアプリケーションがインストールされてしまいます。それを防ぐ事で、インストールの高速化を図る事が出来ます。
5.右クリックメニュー→「Install Phantom Valkyrie Linux」をクリックして、インストーラー(ubiquity)を起動させます。homeディレクトリがある場合のディレクトリ構成例は画像のような感じになります。
スクリーンショット_2020-06-21_02-47-10.png
6.OSのインストールが終わった後に出てくるダイアログで「試用を続ける」を選択する。選択後に自動的にboot-repairが起動。
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-08.png
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-35.png
7.boot-repairの「高度なオプション」→「GRUBのオプション」→「SecureBoot」のチェックを外して、適用ボタンを押す。
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-47.png

8.GRUBをインストールしたら、システムの再起動(修復に失敗したという内容のエラーが出ていてもGrub2はインストールされているので問題無く起動出来ます。)。
スクリーンショット_2020-06-21_11-53-23.png

homeディレクトリを別にした状態で、再インストールをしている時は、/etc/skelの下にあるファイルやフォルダを全てユーザーディレクトリにコピーしなければ反映されません。

◇セキュアブートの無効化
1.パソコンを起動させた時にメーカーのロゴが表示されるので、この時にF2キーかDeleteキーを押す。
IMG_20190418_144306.jpg
2.UEFIに入るので、詳細モードに変更する。(使っているマザーボードによって異なります。)
IMG_20190418_144457.jpg
3.セキュリティ関連の項目にセキュアブートの設定項目があるので、これを選びます。
IMG_20190418_144512.jpg
4.保存して再起動させると、セキュアブートが無効化されてシステムを起動する事が出来ます。

◇新しいバージョンのカーネルをインストール出来ない場合の対処法
live-boot-toolsやinitramfs-tools関連のツールを一旦削除して、これらを再インストールする。

posted by takatan at 02:31| 大阪 ☁| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux」のUbuntu 20.04 LTSベース化の方法案

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux」(PVL)は、Ubuntu 18.04 LTSをベースにしています。本来なら、Ubuntu 20.04 LTSをベースに新しいバージョンを作るのが良いですが、納得が出来る仕上がりになっていません。そこで、PVLのISOはUbuntu 18.04 LTSのままにして、フルインストール後にUbuntu 20.04 LTSベースに切り替える方法にしようと思っています。
この方法は、Ubuntu 20.04 LTSベースでソフトウェアの対応状況があまり良くなかった場合に、ISOからUbuntu 18.04 LTSベースをフルインストールする事で環境を戻せる点です。Ubuntu 20.04 LTSで色々と変わった事で、今まで動作していたソフトウェアが動作しなくなったり、公式リポジトリから削除されていたりします。例えば、LeafpadやUnetbootinなどです。Unetbootinは、Unetbootin公式で配布されているバイナリを使う事で導入が可能ですが、deb版の便利さが薄れているような気がします。bootrepairは新しいバージョンになった事で、PVLで行っていたGRUBの設定が使えなくなってしまいます。
Ubuntu 18.04 LTSは、5つ目のポイントリリースが公開されて、初期よりもバランスが良いディストリビューションになりました。2023年4月までサポートが行われているので、Ubuntu 20.04 LTSへのアップグレードをする際も1回のアップグレード作業をすれば済むだけです。

よって、今後のPVLのベースはUbuntu 18.04 LTSベースで進めていき、フルインストール後のUbuntu 20.04 LTSベース化はアップグレードスクリプトを使って行う仕組みにしていく予定です。
posted by takatan at 01:53| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

カスタムカーネル「PVL kernel 5.8.5-r2」にZen Interactive Tuningのパッチを追加適用

カスタムカーネル「PVL kernel 5.8.5-r2」では、Ubuntu/Debian用のパフォーマンス向上カーネルで知られる「Zen kernel」に適用されている最適化「Zen Iteractive Tuning」のパッチを適用しました。
以前のバージョンでZen kernelのソースコードを使って、この最適化を導入していましたが、今回はバニラカーネルにパッチを当てて最適化を図るというスタイルになっているのが大きな違いです。このスタイルに変更した事で、パフォーマンスとレスポンスの向上に役立つパッチだけを積極的に追加出来るようになっており、より強力なカスタムカーネルを作る事が出来ています。

適用したパッチは以下の通りです。

◇Zen kernel
https://github.com/zen-kernel/zen-kernel/tree/5.8/zen-sauce

- Zen patch
Base_config_item.patch
Enable_background_reclaim_of_hugepages.patch
Allow_changing_default_qdisc_to_FQ-PIE.patch
Add_VHBA_driver.patch
Tune_CFS_for_interactivity.patch

◇カスタムカーネルダウンロードページ
http://www.vsrx.work/article/464617594.html
posted by takatan at 13:28| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

「アリサニュース」動画シリーズ公開

オリジナルキャラ「アリサ」の動画シリーズは、「踊ってみた」関連とネットで話題になった話を取り上げる「アリサニュース」で構成されています。この記事では、「踊ってみた」関連と「アリサニュース」を分岐させて、アリサニュースの方を公開していきます。

◇【コロシテくん】大阪・関西万博2025のロゴマークが決定!【命の輝きくん】


大阪・関西万博2025のロゴマークが決定しました。ネットではその奇抜なデザインに大反響が起こっています。

ソース元ネタ
https://logo.expo2025.or.jp/logo_announcement.html
https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200825006/20200825006.html

◇【アリサニュース】無免許運転でパトカーに追いかけられ、橋から飛び降りようとしたところを警官が止めようとして、ズボンが脱げてしまって死亡した男の話


三重県志摩市で、無免許運転で通報された70代の男性がパトカーの追跡から逃れようとしました。そして、男は的矢湾大橋から飛び降りようとし、警官がそれを制止しようとしたところ、ズボンが脱げて40メートル下の水面に落ちて、男性は死亡したそうです。

【ニュース元ネタ】
https://www.news24.jp/articles/2020/08/12/07698615.html

◇【アリサ】旦那に冷凍餃子は手抜きと言われた主婦に、味の素公式アカウントが気の利いたフォローをツイートして話題に

2児の母が旦那に「冷凍餃子は手抜き」と言われた事に対して、味の素の公式アカウントが気の利いたフォローをツイートして話題になりました。

◇【アリサ】カルピスの100周年キャンペーンパッケージが懐かしい夏の風景を見せてくれる件


カルピスの2020年夏季限定のスペシャルパッケージには、素晴らしい仕掛けがされています(^^)

「カルピス」100周年スペシャルパッケージ キャンペーンページ
https://www.calpis.info/peaceful/

◇【アリサ】ボートレース蒲郡のマスコットキャラクター「トトまる」のプロフィールが細か過ぎる件について


ボートレース蒲郡のマスコットキャラクター「トトまる」のプロフィールが結構作り込まれています(^_^;)

ボートレース蒲郡公式サイト トトまるの部屋
http://www.gamagori-kyotei.com/sp/02toto/02toto.htm



posted by takatan at 15:10| 大阪 ☀| その他作品公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

カスタムカーネル「PVL kernel 5.8.3」を大幅に改良しました

カスタムカーネル「PVL kernel 5.8.3」に、いくつかのCK1パッチ・LLパッチ・futexパッチを適用し、大幅に変更を加えました。
変更点は以下の通りです。

・一部のCK1パッチ・LLパッチを適用
・futexパッチを適用
・カーネルの圧縮方式をzstdに変更
・CPU timer frequencyを750Hzに変更
・gccのO3オプションで最適化


以下で公開しています。

http://www.vsrx.work/article/464617594.html
posted by takatan at 04:52| 大阪 | 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする