◎メインサイトとブログとSNS
VSRX-2020 - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しているメインサイト
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物・副業・公営ギャンブルなどの話題を取り上げるブログ
Instagram / Youtube
最近の記事

2020年07月22日

オリジナルOS「Phantom Valkyrie Linux 2020r10」の開発進捗状況(2020年7月22日)

オリジナルOSの最新バージョン「Phantom Valkyrie Linux 2020r10」の開発進捗状況は以下の通りです。

・Ubuntu 18.04.4 LTSベース
・カスタムカーネル「PVL kernel 5.7.10-prjc575r2」に更新
・収録しているアプリケーションの最新アップデータ適用
・Wine(stable version) 5.0.1に変更(ゲームエンジン「Unity」で開発されたアプリに対応させる為)
・linux firmware 1.173.19に更新
・Shotcut 20.06.28に更新
・Avidemux 2.7追加
・Firefox 78に更新
・mousepad削除、leafpad追加

更新・変更する箇所は、これ以外にも増える可能性があります。
「Phantom Valkyrie Linux 2020r10」は、2020年8月ぐらいに公開予定です。


現在バージョンであるPhantom Valkyrie Linux 2020r9は以下で公開しています。
http://www.vsrx.work/article/451561416.html
posted by takatan at 22:06| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

VRoid Studioで透明メッシュを削減してエクスポートするとBlenderなどで作業する時に少し楽になる

VRoid StudioでアバターをVRMにエクスポートする際には、いくつかのパラメータにチェックを入れる事で、ポリゴン数を減らす事が可能です。出力したアバターをBlenderなどの3Dモデリングソフトにインポートすると分かりますが、結構無駄なメッシュが張られています。Blenderで作業する時に、このメッシュ剥がしから入る事が多いですが、実はVRoid Studioでこのメッシュ剥がしの作業の手間を直感的に減らせます。
それが、エクスポート時の「透明メッシュを削除する」という項目にチェックを入れる事です。若干削り過ぎる面もありますが、ほぼ申し分無いぐらいメッシュ剥がしをしてくれるので便利な機能です。
出力前に、服の編集画面でテクスチャーの不要な部分を消しゴムツールで消すだけですので、直感的に出来ます。

スクリーンショット_2020-07-20_09-22-30.png

スクリーンショット_2020-07-20_09-22-10.png
posted by takatan at 09:41| 大阪 | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

Blenderで作ったアイテムをUniVRMでVRoidに装着させる

VRoid Studioで作成したアバターは、VRMとして出力が出来ます。この出力されたVRMをBlenderで編集するには、VRM IMPORTERというアドオンをBlenderに導入する必要があります。しかし、Blenderで大幅に外観を変更して、UniVRMに持っていくと、テクスチャやマテリアル、ボーンなどの情報が失われ、これを再度設定しなければいけないという面倒臭さがあります。
単純にBlenderでアイテムを作成して、アバターに装着させたいだけであれば、Blenderでアイテムのモデルを作成してから、FBXやblendファイルで保存して、UniVRMにインポートして、該当するボーンに設置するようにした方が便利です。

◇VRM IMPORTER
https://github.com/iCyP


◎Blenderで作成したアイテムをVRoidに装着させる
1.Blenderでアイテムを作成して、FBXかblendファイルで保存する
2.作成したFBXやblendファイルをUniVRMに読み込ませる
3.アバターをHierachyにドラッグ&ドロップし、そのキャラの装着させたい場所のボーンまで移動し、そこへ読み込ませたアイテムのアイコンをドラッグ&ドロップさせる
4.後は、アイテムの位置を調整して、UniVRMの「Export Humanoid」でVRMを出力して完成

アイテムを、装着させたいボーンにドラッグ&ドロップさせる
スクリーンショット_2020-07-18_23-17-59.png

実際にアバターにアイテムを装着させたところです。
20200718231606.png

この方法で注意する事は、VRoidをMMDにコンバートする時です。UniVRMのアドオン「VRMtoPMX Exporter」で出力すると失敗します。VRM2PmxConverterであれば、問題なく出力が出来ますが、VRoidらしさが失われます。ちなみに、アイテムを非表示にすれば、VRMtoPMX Exporterでも出力出来ました。
posted by takatan at 23:34| 大阪 ☁| linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

メインサイトの情報を大幅に更新

オリジナルキャラ「アリサ」「ソフィア」、YouTubeチャンネル「Dark Matter」など新しいプロジェクトを追加した事に伴い、メインサイトの情報や構成を大幅に変更しました。

◇メインサイト「VSRX-2020」
http://vsrx.work

スクリーンショット_2020-07-17_15-46-33.png

メインサイト「VSRX-2020」は、基本的にシングルページ構成になっており、1ページ分のHTMLソースコードにCSSでデスクトップモードとモバイルモードを自動的に切り替えられるようになっています。今回は、主にデスクトップモードの変更を加えました。

Phantom Valkyrie LinuxやViper Toolsやspider.jsやsiren.cssなどのアプリケーションやライブラリのリファレンスは、別途Sphinxでページを構成しています。
posted by takatan at 15:51| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色々変更を加えたので、プロジェクト全体のマインドマップを更新

PVLなどの既存プロジェクトに加えて、AlisaやSophia、YouTubeチャンネル「Dark Matter」などのプロジェクトも加え、使用言語においてはPython・Shell Script・JavaScriptに的を絞ったので、マインドマップを大幅に変更しました。

Project PVL 2020.png

posted by takatan at 15:05| 大阪 ☔| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする