最近の記事

2022年11月01日

64bit original OS "Valkyrie Linux(202211)" released【Ubuntu based】

◇ISO Download
- Download Valkyrie Linux

[注意点]
1.Onedrive用のアカウントが無い場合は、該当ファイルの上で右クリックメニューを出して、「ダウンロード」の項目からダウンロードが行えます。あるいは、対象のISOのアイコンの右上をクリックするとチェックが入るので、上側にある「ダウンロード」からダウンロードが可能です。
2.USBメモリーにインストールディスクを作る場合、Unetbootinを推奨。
*Unetbootin recommended
https://unetbootin.github.io/
3.フルインストールした時にUbuntu公式カーネルを使うとネットに接続出来ない際の対処法は、ネットワークマネージャーで使っているネットワークの「IPv6設定」の「メソッド」を無効に変更します。また、同梱のカスタムカーネルをインストールすると、IPv6を有効にしていても問題を解消する事が出来ます。右クリックメニューに「Install Custom Kernel」という項目があるので、これを起動させれば、インストール出来ます。カスタムカーネルをインストール後に再起動をしてください。
4.サウンドシステムをPipeWireに変更していますが、時々音が小さくなる時があります。その時は、システムトレイの音量ボリュームを上げてから再度元の音量に戻す、あるいはPulseAudio音量設定ツールで、Mainの項目を同様にしてみると戻ります。PulseAudioなどに変更してみても良いでしょう。

[変更点]
- 2022年11月1日までの収録しているアプリケーションのアップデータを適用
- オリジナルアプリ「Viper Tools」の最新版に更新
- カスタムカーネル「Noir linux kernel 6.0.6-rt」に更新
- Wine Staging 7.19,Firefox 106に更新
- メインセッションをOpenboxセッションに変更
- Openboxを丸角ウィンドウ化・タイル型ウィンドウマネージャー風キーバインド化・ウィンドウ透過
- Openboxに新オリジナルテーマ「Valkyrie2022」を適用
- Openboxの右クリックメニューを大幅に変更
- マルチメディアフレームワークをPipeWireに変更
- Pulse AudioとJACK Audio Connection Kitを削除
- Tint2のデザインを変更
- Conkyを追加
- コンポジットマネージャーをcomptonからpicomに変更
- メインメニューアプリにjgmenuを導入

[Change Point]
- Applied update of the Linux application until Norvember 1,2022
- Updated to the latest original application "Viper Tools"
- Updated to the Custom kernel "Noir linux kernel 6.0.6-rt"
- Updated to Wine Staging 7.19,Firefox 106
- Changed to Openbox with rounded window
- Changed to the key binding of Openbox like Tiling window manager
- Transparented Openbox
- Applied the new original theme "Valkyrie2022" for openbox
- Changed the right menu of openbox
- Changed Pulse Audio to the multi media framework "PipeWire"
- Deleted Pulse Audio and JACK Audio Connection Kit
- Changed the design of Tint2
- Added Conky
- Changed compton to the composite manager "picom"
- Added the main menu application "jgmenu"

スクリーンショット_2022-11-01_01-21-58.png

インストール方法とブートローダー「Grub」のインストールに失敗した時のboot-repairの使い方は、この記事の下部で説明しています。

◇概要
Valkyrie Linuxは、Linuxディストリビューションである「Ubuntu LTS版」をベースに開発した64bit OSです。デスクトップ環境はOpenboxとTint2で構成しています。

このOSは、最新のLinuxカーネルをベースにしたカスタムカーネルを収録しています。カスタムカーネルは、グラフィックドライバ「Mesa」と組み合わせる事で、高レスポンス性とハイパフォーマンスを実現しています。
デフォルトのカーネルは、Ubuntuカーネル5.19.0-genericです。カスタムカーネルとGoogle Chromeを導入したい場合は、右クリックメニューからインストール可能です。

「Firefox」「GIMP」「Audacious」「SMPlayer」「Emacs」「OBS Studio」「Shotcut」「Steam」「Blender」などの人気アプリケーションを搭載しています。

◇ Overview
Valkyrie Linux is a 64-bit OS developed based on the Ubuntu LTS version, a Linux distribution. The desktop environment consists of Openbox and Tint2.

This OS contains a custom kernel based on the latest Linux kernel. The custom kernel is combined with the Mesa graphics driver to achieve high responsiveness and high performance.
The default kernel is Ubuntu kernel 5.19.0-generic. If you want to install a custom kernel and Google Chrome, you can install them from the right-click menu.

Popular applications such as Firefox, GIMP, Audacious, SMPlayer, Emacs, OBS Studio, Shotcut, Steam, and Blender are included.

[Recommended system requirements]
Processor : Intel Core i,Pentium G/Celeron G,Atom SoC
AMD Ryzen
Memory: 2GB and over
Storage: 128GB and over HDD/SSD/USB memory
Network: FTTH・ADSL・LTE・WiMAX2+ etc.

[Tested Motherboard]
B150M COMBO(ASRock)
H97I-PLUS (ASUS)
C1007UN-D (GIGABYTE)

[Tested Stick PC(stable with wireless LAN toggle)]
STCK1A32WFC(Intel)

[OS SPEC]
- Ubuntu 22.04.1 LTS based
- Custom kernel "Noir linux kernel 6.0.6-rt" / Ubuntu kernel 5.19.0 generic
- original application "Viper Tools"
- linux firmware 20220329.git68128
- Mesa 22.0.5
- LXQt
- Tint2
- Openbox with Rounded Window patch
- dunst
- xfce4-terminal,xfce4-taskmanager,xfce4-screenshooter
- Intel iHD Driver 21.1.0
- jgmenu
- pnmixer
[Applications]
- Firefox 106
- emacs-nox 27.1,l3afpad,glade
- PipeWire
- GIMP 2.10.30
- GCC 12/11.2,Python 3.10.6,node.js,libllvm13
- Wine staging 7.18
- OBS Studio,Shotcut,Audacious,Audacity,soundconverter,Blender 3.2.1,ffmpeg,SMPlayer
- Steam
- gnumeric,abiword,KCalc
- keepassxc
- unetbootin,gparted,boot-repair,gnome disks
- git 2.36.0
- X11VNC,remmina
- OpenJtalk
- Arronax

[icons]
- Suru++

[Fonts]
- Takao font
- font noto-emoji
- font noto cjk
- Cica

◇Others
- Valkyrie Linux Documentation
- Custom Kernel download
- Viper Tools Download

[Window Close Shortcut]

Shift+Windows+C Close Window

[Change Window Shortcut]

Windwos+j prev
Windows+k next
Shift+Alt+Left SendToDesktopLeft
Shift+Alt+Right SendToDesktopRight
Windows+1 desktop1
Windows+2 desktop2
Windows+3 desktop3
Windows+4 desktop4
Windows+5 desktop5
Windows+6 desktop6

[Window Tilling]

Windows+Left HalfLeftScreen
Windows+Right HalfRightScreen
Windows+Up HalfUpperScreen
Windows+Down HalfLowerScreen
Window+z ToggleMaximize
Windows+x Iconify

[Volume Shortcut]

Windows+u volume up
Windows+i volume down

[right ckick menu of Openbox]

Ctrl+m

[Apps]

Windows+Enter Open Terminal
WIndows+e Open Emacs




インストール方法
1.ISOをダウンロード(OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。ダウンロードしたいISOファイルのアイコンの右上をクリックしてチェックを入れます。その後、上の「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが出来ます)
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
2.UNetbootinでUSBメモリーにインストールディスク(Live USB)を作成。
https://unetbootin.github.io/
Screenshot from 2019-08-25 11-55-19.png
3.Live USBをパソコンのUSBポートに挿入して、UEFIからLive USBで起動出来るように、USBメモリーから起動出来るようにする。(メーカーロゴが出ている時にF11キーなどを押す。)
4.Live USBでシステムを起動。
5.マシンをインターネットに接続します。右クリックメニューの「Install Valkyrie Linux」からOSをフルインストール出来ます。もし、ブートローダー「Grub2」のインストールが失敗した場合は、LiveUSBのシステム再起動を行って、右クリックメニューからboot-repairを使ってインストールする事が出来ます。
スクリーンショット_2022-11-01_01-22-20.png

◇boot-repair使用例
「高度なオプション」→「GRUBのオプション」→「SecureBoot」のチェックを外して、適用ボタンを押す。
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-47.png

GRUBをインストールしたら、システムの再起動(修復に失敗したという内容のエラーが出ていてもGrub2はインストールされているので問題無く起動出来ます。)。
スクリーンショット_2020-06-21_11-53-23.png

homeディレクトリを別にした状態で、再インストールをしている時は、/etc/skelの下にあるファイルやフォルダを全てユーザーディレクトリにコピーしなければ反映されません。

◇セキュアブートの無効化
1.パソコンを起動させた時にメーカーのロゴが表示されるので、この時にF2キーかDeleteキーを押す。
IMG_20190418_144306.jpg
2.UEFIに入るので、詳細モードに変更する。(使っているマザーボードによって異なります。)
IMG_20190418_144457.jpg
3.セキュリティ関連の項目にセキュアブートの設定項目があるので、「無効」を選びます。
IMG_20190418_144512.jpg
4.保存して再起動させると、セキュアブートが無効化されてシステムを起動する事が出来ます。

◇新しいバージョンのカーネルをインストール出来ない場合の対処法
live-boot-toolsやinitramfs-tools関連のツールを一旦削除して、これらを再インストールする。

◇iHDドライバを最新にする
~/viper/scriptsの直下に「build_media_driver.sh」というシェルスクリプトを設置しています。これを実行すれば、新しいiHDドライバをインストールする事が出来ます。VA-APIがうまく動作しない場合はiHDドライバを更新してください。

$ cd ~/viper/scripts
$ ./build_media_driver.sh


Install
1.Download the ISO (You can download it even if you don't have a OneDrive account. Right-click on the file you want to download to display the menu.)
Screenshot from 2019-08-25 11-49-35.png
Screenshot from 2019-08-25 11-49-49.png
2.Create an installation disk (Live USB) on a USB memory with UNetbootin.
https://unetbootin.github.io/
Screenshot from 2019-08-25 11-55-19.png
3.Insert Live USB into the USB port of your computer so that you can boot from a USB memory so that you can boot from UEFI with Live USB. (Press the F11 key etc. when the maker logo appears.)
4.Boot the system with Live USB.
5.Connect your machine to the internet. There is an icon on the desktop that says "Install Ubuntu 20.04". Clicking this will launch the installer, so install it. If the installation of the boot loader "Grub2" fails, you can restart the LiveUSB system and use boot-repair from the right-click menu to install it.
スクリーンショット_2020-12-19_15-08-53.png

◇boot-repair usage example
Uncheck "Advanced Options"-> "GRUB Options"-> "Secure Boot" and press the Apply button.
スクリーンショット_2020-06-21_11-52-47.png

After installing GRUB, restart the system (even if you get an error saying that the repair failed, Grub2 is installed so you can start it without any problems).
スクリーンショット_2020-06-21_11-53-23.png


◇Disable secure boot
1.The manufacturer's logo will be displayed when you start your computer, so press the F2 key or the Delete key at this time.
IMG_20190418_144306.jpg
2.Since we are entering UEFI, change to advanced mode. (It depends on the motherboard you are using.)
IMG_20190418_144457.jpg
3.There is a secure boot setting item in the security related items, so select this.
IMG_20190418_144512.jpg
4.If you save and reboot, Secure Boot will be disabled and you will be able to boot your system.

◇What to do if you can't install a newer version of the kernel
Remove the tools related to live-boot-tools and initramfs-tools and reinstall them.

◇Update iHD driver

$ cd ~/viper/scripts
$ ./build_media_driver.sh


◇Linux Photorealistic Game Modeの使い方
vkBasaltとReShade FX Shadersをベースにしているゲーム画質向上機能「Linux Photorealistic Game Mode」の使い方は以下の通りです。
・Steamの場合
ゲームのプロパティにある起動オプションに「ENABLE_VKBASALT=1 %command%」を追加
・Wineの場合
ENABLE_VKBASALT=1 wine "xxx.exe"
posted by takatan at 01:16| 大阪 ☁ | TrackBack(0) | アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック