最近の記事

2020年11月06日

【AMD Zen3】Ryzen 5000シリーズが発売される

Zen3アーキテクチャーベースのAMDの新プロセッサ「Ryzen 5000シリーズ」が発売されました。

◇Zen3の圧倒的性能を発揮!「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 9 5900X」速攻レビュー
https://ascii.jp/elem/000/004/032/4032942/

◇新しいCPUの王者、Zen 3となった「Ryzen 5000」シリーズをテスト
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1286593.html

◇これぞ1つの“到達点” 第4世代Ryzenプロセッサの圧倒的な実力をチェック!
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2011/05/news157.html

◇Ryzen 5000シリーズを試す - 性能編「Ryzen 9 5900X」と「Ryzen 7 5800X」
https://news.mynavi.jp/article/20201105-1457526/

◇Zen 3アーキテクチャ採用の新世代CPUはゲームにおける性能が大きく向上したRyzen 9 5900X Ryzen 7 5800X
https://www.4gamer.net/games/461/G046172/20201105003/

◇シングルスレッドでも最速。「Zen 3」採用の「Ryzen 5000」シリーズ徹底検証
https://www.gdm.or.jp/review/2020/1105/368230

CCXが1基になって、そのCCXが4コア16MB構成から8コア32MB構成に改良されており、ブーストクロックが200MHz上がって、最大4.9GHzまで動作する事が可能になっています。海外レビューでは、OCに余力があるという話もあります。
CPU内部のレイテンシーが大幅に低減した事で、IPCが最大19%上がっている一方で、Ryzen 7 5800Xは大幅な性能向上と引き換えにシステム消費電力が大幅に上がっています。逆にRyzen 9 5900Xの方が5800XよりもCPU温度・消費電力面で優れているのが面白いところでしょう。
メモリーレイテンシーがZen2と比べて大幅に遅くなっています。これがレイテンシー重視のプロ向けのアプリにどのような影響が出てくるのかは気になるかもしれません。

Photshop・LightRoomによる各種処理、動画エンコードなど動画編集・画像編集における処理がZen2よりも大幅に向上しているので、その辺の作業をする人にとっては良い選択肢になるかもしれません。一方で、ゲーミング性能もZen2よりも大幅に向上していますが、よくプレイされるゲームを主に見ていくと、一見Zen3がインテルのCometLake-S上位よりも良さそうに見えますが、実際にはそれほど大きな差は無さそうです。画面解像度が4Kに近づくほど差が無くなっていくので、普段から超高解像度でゲームをしている人は、Core i9-10900K/Core i9-10700Kから乗り換える必要は無さそうですし、Zen2ユーザーもゲームプレイ環境が大幅に改善される人は極一部のユーザーだけでしょう。

今回からRyzen 5 5600Xを除くモデルにCPUクーラーが付属していません。別途高性能なCPUクーラーが必要になります。また、Zen3の性能を最大限に発揮させるには、新チップセット「AMD 500」シリーズ搭載のマザーボードが必要です。Radeon 6000シリーズの性能も最大限に発揮したいなら尚更でしょう。

現在入手出来るAMDのプロセッサで一番バランスが良いのは、Renoirでしょう。3次キャッシュが少ないという点と価格が高めという事を除いては、消費電力面・十分な性能でとてもバランスが取れていると思います。
posted by takatan at 13:07| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

インテル UHD630/HD630で出来る事

今は、TigerLakeの登場でXeが搭載され、AMDのAPUもGeforce GT 1030並の性能を持つRadeon RX Vegaといった強力な内蔵グラフィックチップがあるので、ブラウザゲームやSteamで売られている大半のゲーム、PS2やDreamcastなどのゲームエミュレーターを余裕で動作させる事が出来ます。グラフィックボードは、最新の3Dゲームを超美麗な画面で遊んだり、3Dモデリングをしたり、ディープラーニングなどを行うのに導入するケースが多いです。
では、XeやRadeon RX VEGAよりも数段性能が落ちるインテルのUHD630/HD630ではどのような事が出来るのでしょうか。

UHD630/HD630は、デスクトップ版のCore iシリーズやPentium Goldシリーズに搭載されているCPU内蔵グラフィックチップです。インテルの内蔵GPU搭載タイプのプロセッサには、ハードウェア動画エンコードが出来るQSVも搭載されています。動画も4K60Hzで動画再生が出来るデコーダ機能も搭載されているので、結構色々な事が出来る事が分かります。

UHD630/HD630でゲームをしようと思ったら、GeForce GT 730クラスで快適に遊べるゲームであれば、十分に対応する事が出来ます。一例として以下のようなゲーム・ゲームエミュレーターを快適に動作させる事が出来ます。


※世代的には、PS3やXbox360、PS4初期クラスのゲームまで大体対応出来ます。

Steamで販売されているゲーム - 2D格闘ゲームなどは快適に動作。3Dゲームは、GeForce GT 730で快適に動作するゲームであれば、十分遊べます。(DOA5 LRの場合、720p以上でアンチエイリアスオフにする事で快適に動きました。)
ブラウザゲーム - DMMなどで配信されているゲームが基本的に快適に動作。
Windowsゲーム - Steamと状況は同じ。こちらは、18禁ゲームなども含まれますが、2Dゲームであれば、快適に動作可能。
PCSX2 - 2D格闘ゲームなどは快適に動作。3Dゲームは、720pでも重いゲームが多い。(Nightsやキン肉マンなどは快適に動作した。)
redream - ドリームキャストエミュレータですが、3Dゲームも快適に動作します。
PPSSPP - PSPエミュレータ。3Dゲームも快適に動作します。
Yabause - セガサターンエミュレータ。3Dゲームも快適に動作します。


インテルの内蔵GPU付きプロセッサとAMDのAPUのiGPUは、グラボが故障した時に、緊急で画面を映し出すのにも役立ちます。また、複数のディスプレイを使う環境にも活躍してくれます。
ApexやPUBGなどのハードウェアの性能を要求するゲームには不向きですが、UHD630/HD630は、その他の用途では意外と優秀だと思います。AMDのAPUのような強力なグラフィックコアを持っているわけではありませんが、SoCとしてはインテルのデスクトッププロセッサは優れており、消費電力の低いマシンを作るのに適しています。よくビジネス向けのチップと言われますが、そのような事もありません。

Window10やLinuxでは、内蔵GPUとグラフィックボードをアプリケーションによって使い分ける機能が搭載されるようになってきました。これを活用すれば、内蔵GPUで足りる場合は内蔵GPUを使い、足りない場合はより強力なグラフィックボードを使うといった使い方も行えます。消費電力を抑えたい人には良い方法だと思います。

インテルのiGPUの利点は、OSにドライバが標準搭載されている事です。Windows10やLinuxを使う際には、意識せずに使えるようになっているので、ドライバによって不具合に遭遇する事は、AMDのRadeonやNVIDIAのGeForceより少ないかもしれません。最近では、LinuxカーネルにRadeon向けのドライバのコードがかなりの割合で含まれているので、Linuxを使う場合には、IntelのiGPUだけでなく、AMDのグラボやAPUも最適化されているので、プロプライエタリドライバよりも性能を発揮でき、安定しています。
posted by takatan at 23:28| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

400シリーズ搭載のAM4マザーボードのRyzen 5000シリーズ対応状況

AMDのZen3アーキテクチャー採用のプロセッサ「Ryzen 5000」シリーズは、マザーボードのBIOS更新で400シリーズのチップセットを搭載したSocket AM4マザーボードへの対応を各メーカー用意しています。但し、全てのマザーボードが対応するわけではないようです。また、Ryzen 5000シリーズのフル性能を発揮させるには、やはり、最新のチップセットを搭載したマザーボードが必要になってくるのは今までと変わりません。
X570・B550・A520を搭載したマザーボードは、デフォルトでRyzen 5000シリーズに対応しているので、どうしてもZen3を使いたいなら、これらのマザーボードに乗り換えた方が安定するし、期待通りの性能を発揮出来るでしょう。
どのメーカーも400シリーズ向けのBIOSはベータ扱いになっています。公開は、2021年1月とされています。

◇BIOSTAR AM4 400 series motherboards support AMD Ryzen 5000 Vermeer series processors with BIOS update
https://www.techpowerup.com/273574/biostar-am4-400-series-motherboards-support-amd-ryzen-5000-vermeer-series-processors-with-bios-update


◇ASUS Seemingly Drops Support for AMD Ryzen 5000 Series CPUs on X470 Motherboards, the Company Responds
https://www.techpowerup.com/273289/asus-seemingly-drops-support-for-amd-ryzen-5000-series-cpus-on-x470-motherboards-the-company-responds
情報が修正されていて、X470・B450搭載マザーボード向けのBIOSが公開される予定。

◇MSI's Entire Lineup of AMD 400-series Chipset Motherbord will Support "Zen 3"
https://www.techpowerup.com/273428/msis-entire-lineup-of-amd-400-series-chipset-motherbord-will-support-zen-3
posted by takatan at 12:35| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

【AMD】Ryzen 5000シリーズが発表される

◇AMD、Zen 3採用のデスクトップCPU「Ryzen 5000」シリーズ
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1281831.html

コードネーム「Zen3」と呼ばれるAMDの新プロセッサシリーズ「Ryzen 5000」シリーズが発表されました。発売日は、全モデル2020年11月5日となっています。ラインナップは以下の通りです。


Ryzen 9 5950X(16コア/32スレッド/最高4.90GHz/キャッシュ72MB/TDP105W) $799
Ryzen 9 5900X(12コア/24スレッド/最高4.80GHz/キャッシュ70MB/TDP105W) $549
Ryzen 7 5800X(8コア/16スレッド/最高4.70GHz/キャッシュ36MB/TDP105W) $449
Ryzen 5 5600X(6コア/12スレッド/最高4.60GHz/キャッシュ35MB/TDP65W) $299


実際日本のショップで販売される時には、円レートや消費税やアスクの代理店手数料が加わってきますので、Ryzen 5 5600Xは4万円近く、Ryzen 9 5950Xは10万円近くになると思われます。

Zen2からZen3になった変更点は、CCXが4コア構成から8コア構成になった事で、レイテンシーが大幅に改善され、キャッシュメモリーへのレイテンシーも低減されている事です。その結果、19%のIPC向上を果たしています。ブートクロックに関しても、最大4.9GHzに上げられています。
Ryzen 9 5900XとインテルのCore i9-10900Kとで比較した場合、Cinebench R20のシングルスレッド性能では、Ryzen 9 5950Xが631、Core i9-10900Kが544と、Ryzen 9 5950Xの方が16%高速になりました。
ゲーミング性能も競合と比べて、5%〜最大20%強高くなっています。

製造プロセスは、Zen2と同じTSMCの7nmを採用しています。つまり、Zen3は、CCX構造の変更によるレイテンシーの低減とブートクロック向上をしたZen2の強化版モデルと考えて良いと思います。ブートクロックが上がっているにも関わらず、TDP105W以内に収めている事を考えると、ブートクロック最大4.9GHzはシングル時の事で、全コアブートでは200Hz上がれば良い方でしょう。Zen2であったXTシリーズと同じような消費電力傾向があると考えられます。

XTシリーズのクロック強化・レイテンシー改善モデルがZen3なので、Zen+からZen2への進化と比べると、大きな変化はありません。Zen2ぐらいの進化を感じたいのであれば、Zen4以降まで待った方が良いでしょう。Zen4では、TSMC 5nmプロセスの採用・アーキテクチャーの大幅刷新・DDR5の導入・PCIExpress 5.0の採用など新しい仕組みがたくさん導入されるので、かなりのスペックアップが期待出来ます。

◇Zen4
https://ascii.jp/elem/000/004/005/4005295/2/
posted by takatan at 04:56| 大阪 ☔| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

【Intel】Alder Lake-S/Pの詳細で分かってきた、これからのインテルの路線

◇Exclusive | Intel Tiger Lake-H, Alder Lake-P and Alder Lake-S detailed: Alder Lake to offer up to 8C/16T configs with Xe LP, DDR5-4400 RAM, Wi-Fi 6E, and PCIe Gen5 support
https://www.notebookcheck.net/Intel-Tiger-Lake-H-Alder-Lake-P-and-Alder-Lake-S-detailed-Alder-Lake-to-offer-up-to-8C-16T-configs-with-Xe-LP-DDR5-4400-RAM-Wi-Fi-6E-and-PCIe-Gen5-support.496197.0.html

インテルの新型プロセッサであるAlder Lake-S/Pの詳細が出てきています。Alder Lakeは、big.LITTLE構成となり、ビッグコアであるGolden CoveとスモールコアであるGracemontを組み合わせた物になります。AppleやArm界隈では主流になっている手法をインテルも導入するという事です。
Alder Lake-Sは、かなり豪勢な仕様になるようで、PCI-Expres 4.0×16レーンとPCI-Express 3.0×12レーンを持ちます。

Alder Lake-SのiGPUのEU数は32となっています。一方で、Alder Lake-PのEU数は96です。CPUコア数は、Alder Lake-Sがビッグコア8コア16スレッド、スモールコア8コア8スレッド、Alder Lake-Pがビッグコア6コア12スレッド、スモールコア8コア8スレッドが最大値です。
デスクトップ向けのAlder Lake-Sがモバイル向けのAlder Lake-PよりもEU数が3分の1になっていますが、これはインテルとしてはdGPU版のXeを導入する事を前提にしているからでしょう。ちなみに、この32というEU数は、Rocket Lake-Sも同じですので、Alder Lake-SのiGPUの性能はRocket Lake-Sから継承されると考えられます。

性能が従来のCore iシリーズよりもどこまで伸びるのか未知数ですが、Appleやクアルコムなどがビッグコアの性能をかなり上げて、負荷が少ない状況ではスモールコアで省電力性を高めるというbig.LITTLEの手法で成功している事を考えると、Alder Lake-Sは、AMDのRyzenのようなメニーコア路線とは違った方向性の性能向上を見せてくれる可能性は高いでしょう。
posted by takatan at 12:28| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする